ここから本文です

【特集】大阪府の土地なのに勝手に有料駐車場 大家を直撃、その「言い分」は?

11/13(火) 14:37配信

MBSニュース

大阪府が所有する土地に政治団体の街宣車や複数の大型ダンプカーが、府の許可なく無断で長年駐車されていることがわかりました。取材を進めると、意外な事実が浮かび上がってきました。

私有地から府の土地にはみだす形で何台もの車が

11月初旬、取材班の元に届いた1枚の写真。『国賊悪徳政治家追放!』政治団体の街宣車と立ち入り禁止と書かれた看板が写っています。実はこの土地、大阪府が所有する土地なのですが、何台もの車が勝手にとめられているといいます。取材班は早速、大阪府寝屋川市にある問題の土地へと向かいました。

「あそこの場所みたいですね。すでに車が何台かとまっています」(記者リポート)

住宅街のすぐそばにある場所が問題の土地。一見、青空駐車場のように見えます。奥には乗用車。手前には政治団体の街宣車が1台とめられています。問題となっているのは、府道に面した広さ480平方メートルの土地で、道路から見て奥にある約180平方メートルの土地は個人が所有する私有地ですが、府道に面した300平方メートルの部分は大阪府のもの。23年前に大阪府が道路の拡幅工事のために買収した土地なのですが、財政悪化などにより今も放置されたままです。つまり、私有地から府の土地にはみだす形で何台もの車がとめられているのです。近くの住民に聞いてみると…

「もうだいぶ前からこんな駐車場。ダンプカーがとまっとる。きれいに入れてあるよ」(男性)
「20年くらいになるかもしれない。大阪府がどこかに貸してはるのかなとしか思っていなかった」(女性)

住民たちによると、この土地は何年も前から駐車場として使用されていて、夕方になると何台ものダンプカーが入って来るといいます。一体どういうことなのか。取材班が見張っていると…

「ダンプカーが帰ってきました、かなり大きいですね」(記者リポート)

その30分後にも…

「また1台ダンプカーがやってきて敷地内に駐車しました。完全に大阪府の土地に入ってますね」(記者リポート)

結局、この日は街宣車1台とダンプカー4台が駐車しました。約10トンもあるダンプカーは車体のほとんどが府の土地にはみ出してとめられています。

1/3ページ

最終更新:11/13(火) 14:37
MBSニュース

あなたにおすすめの記事