ここから本文です

オコンがウィリアムズのシートを獲得できなかった理由は?

11/14(水) 11:55配信

TopNews

エステバン・オコン(フォース・インディア)は2019年にはメルセデスPU搭載チームのいずれかでテストドライバーを務めることになりそうだ。

ウィリアムズではすでにメルセデスの育成ドライバーであるジョージ・ラッセルを2019年に起用することが決まっている。そして、メルセデスではさらにもうひとつのシートにフォース・インディアのシートを失うオコンを乗せたいと考えていた。

オコンもメルセデスのドライバー育成プログラムメンバーであり、現在もメルセデスの契約下にあるドライバーだ。

しかし、最近のうわさによれば、現在リザーブ兼開発担当ドライバーを務めているロバート・クビサが来季ラッセルのチームメートとして復帰することが確実となったと言われている。

いずれにしても、オコンのウィリアムズのシート獲得チャンスがすでに消えてしまったのは確かだ。

■ウィリアムズの要求が大き過ぎた

メルセデスを率いるトト・ヴォルフ(エグゼクティブディレクター)によれば、オコンのためにウィリアムズのシートを獲得することができなかった理由はウィリアムズがあまりにも過大な要求をしてきたためだという。

ヴォルフはブラジルの『Globo(グローボ)』に語った。

「我々には彼らが必要としているレベルの投資はできないよ」

F1関係者の中には、メルセデスがオコンのシート確保の見返りとしてウィリアムズに供給しているPU(パワーユニット)を安価で提供することも可能なのではないかと考えている者もいる。

だが、ヴォルフは次のように続けた。

「どういう形で捻出しようが、金は金だ」

「だが、我々には彼らが望んでいるものを提供することはできないんだ」

■オコンに残された選択肢は?

最近では、オコンが2019年にウィリアムズのリザーブドライバーを務めることになるかもしれないとのうわさもささやかれている。

ヴォルフもその可能性を認め、次のように語っている。

「彼は、我々かフォース・インディア、あるいはウィリアムズのテストドライバーになるかもしれない。そして彼はシミュレーターで多くの時間を過ごすことになるだろうね」

最終更新:11/14(水) 11:55
TopNews

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ