ここから本文です

【全文】歌手キム・ジャンフン、「防弾少年団」問題への日本の対応に反発…「加害者・日本が被害者コスプレしている」

11/14(水) 10:55配信

WoW!Korea

韓国歌手キム・ジャンフン(51)が原爆投下写真がプリントされた衣装を着用したとしてアイドルグループ「防弾少年団(BTS)」を非難する日本の一部媒体に関連し、「加害者である日本が被害者コスプレをしている」と言及した。

キム・ジャンフンのプロフィールと写真

 キム・ジャンフンは去る13日、自身のFacebookに「ミュージシャンとして生きようと我慢していたが、もう我慢できない」と最近起こった「防弾少年団」事態に関する文章を14日正午に掲載することを予告した。

 これを前に日本のテレビ朝日はJIMINの原爆Tシャツ問題により、去る9日に予定されていた「防弾少年団」の「ミュージックステーション」出演を見送られることになった。それだけではない。リーダー、RM(24)が過去着用したブルゾンや帽子、歌手ソ・テジとのパフォーマンスも議論の対象となっている。それらがナチスを象徴している、類似しているとの指摘だ。

 これらに「防弾少年団」の所属事務所BIGHITエンターテインメントは13日、問題の衣装などについて公式立場を発表し、「戦争および原爆などを反対ており、原爆投下で被害に遭われた方々を傷つける意図はまったくなかった」とし、「ナチスを含むすべての全体主義、極端な政治的性向を持つ全ての団体及び組織を支持していない」と明らかにした。


以下は歌手キム・ジャンフンの立場全文。

ただ、しばらく、ひたすら公演にだけ集中し、道理に従って考え、ミュージシャンとして静かに生きようと耐えて、我慢していましたが、もう我慢できません。BTS(防弾少年団)に対する昨今の日本の蛮行を見て、長文を書きました。個人の意見でない歴史的客観的事実、普遍的常識、人類愛的な側面で書いたファクト爆撃であり、明日(14日)正午にひとまず韓国語、英語、日本語の3ヶ国語で掲載する予定ですので、全世界に広め、共に日本の無礼と強引さをファクトとして叱ろうと思います。

その後の他国バージョンでも翻案し知らせていきます。

日本媒体がBTSに釈明を要求していたが、加害者が被害者に釈明を要求することはどういうことでしょうか? 

嫌韓デモをする..加害者が被害者のコスプレをする日本、国粋主義を越えた覇権主義を利用して感傷的に感情的にならず、明日の論理としてお話しましょう。

予告として一つだけ掲載します。

731部隊はハルビンに駐留した日本軍細菌部隊として、いわゆるマルタだと呼ばれる生きた人間を対象にあらゆる残酷な生体実験、冷凍実験などを行った人類史上最も残忍な行為を犯した部隊でした。

1940年以降だけで、3000人以上の韓国人、中国人、ロシア人、モンゴル人たちが犠牲となり、崩壊後も731部隊の正体を暴露されるのではと150人以上のマルタを処刑したと伝えられています。

韓国や中国側の被害国としての主観でなく、1947年米陸軍調査官が東京で作成した報告書に人間としてはとうてい信じ難い数多くの残酷行為が記録されています。

731責任者であった誰かが、731部隊の蛮行事実と免罪符を摩り替えたのです。

ところで、そのような国の総理が、731部隊で堂々と使われた戦闘機に乗って笑って親指を立てています。

そして偶然だった..アラビア数字を読めないのでしょうか? 

明日会いましょう。彼ら媒体が要求する釈明はわたしがしましょう。そのまま書いてください。

あなたたちの特技を生かさずに.. 自分たちに不利なことは全部歪曲させる特技のことです。

明日会いましょう。

韓国歌手キム・ジャンフンです。

最終更新:11/14(水) 10:55
WoW!Korea

あなたにおすすめの記事