ここから本文です

乃木坂46・井上とアンゴラ村長は縄跳び教室の同級生だった……“同門対決”がハイレベル

11/14(水) 16:51配信

トレンドニュース(GYAO)

乃木坂46・井上小百合が、お笑いコンビ・にゃんこスターのアンゴラ村長との意外な関係を明かした。実は小学校時代、2人は同じ縄跳び教室に通っていたらしい。

【無料配信】乃木坂46が登場!「ウチのガヤがすみません!」を配信中>>

乃木坂46が11月13日放送の日本テレビ系「ウチのガヤがすみません!」にゲスト出演して、ガヤ芸人たちとさまざまなゲームで対決した。白石麻衣はボトルキャップ野球に挑戦して、生田絵梨花は激辛わさび寿司(すし)を食べることに。今年6月に同番組に出演したとき尻相撲で圧倒的な強さを見せつけた松村沙友理は、再び女芸人たちと尻相撲で戦った。また、西野七瀬が“アングリーゲーム”の中でマネジャーへの本音をぶちまける一幕もあった。

井上は、アンゴラ村長にリズム縄跳び対決を挑んだ。実は2人は小学生のとき、同じ縄跳び教室に通っていたそうで、当時の写真も公開された。井上は、「同門対決をしたい」と勝負に意気込みを示した。そして、DA PUMPのヒット曲『USA』に合わせて、2人がリズム縄跳びを披露。華麗な技が次々と繰り出されて、スタジオは拍手に包まれた。しかし、ロングヘアの井上は髪の毛が縄に引っかかってしまう誤算が……。一方のアンゴラ村長は、「TJ」という大技を見事成功させた。

番組MCを務めるタレントのヒロミが、2人の対決にジャッジを下すことになった。「始まる前は完全に井上さん勝利だと思っていた」と語るヒロミが、勝者に選んだのは――!?

(文/原田美紗@HEW)

あなたにおすすめの記事