ここから本文です

国産車お得意のギンギラメッキを変えたらデザインはいい感じになる!?

11/14(水) 11:02配信

carview!

ギンギラギンのメッキパーツ類が全体を台無しに

車社会にまつわるモロモロのため、わたしの血圧は今日もまた微上昇を記録した。前回こちらで書かせていただいた「昭和的デラックスの亡霊」とも関連するのだが、国産車のフロントマスクにおける「安易なメッキパーツの多用」が腹立たしいというか、「惜しい!」と歯ぎしりしてしまうからだ。

>>メッキパーツが気になるクルマたち見る<<

例えば三菱エクリプス クロスである。

機械的な諸性能はさておき(もちろんそれは素晴らしい)、あのメッキ盛り盛りのフロントマスクは個人的にかなりどうかと思っている。

全体のフォルムはせっかくシュッとしているのに、あのキンキラキンというかギンギラギンのメッキパーツ類が全体を台無しに、そして貧乏くさくしているのだ(アレがお好きな人には大変失礼な言い草であることは重々承知だ。申し訳ない。ただ、個人の感想の噴出というのは如何ともしがたいものである)。

「捲土重来を期すミツビシからやっと名作の予感もあるモデルが登場したというのに、このフロントマスクではどうにもならんではないか。嗚呼……」と悲嘆に暮れながら自宅で独り、地味にネット空間をさまよっていた筆者だった。

だがそこで一筋の光明を見つけた。

それは自動車評論家の清水草一氏が2018年5月10日付けの「webCG」で書いた、三菱エクリプス クロス試乗記の一節だ。以下、当該部分を引用させていただく。

「ホントの話、XC40やイヴォークさえ見なければ、単純に『このクルマ、カッコいいよ!』と思えたのです。個人的にはメッキ部の一部をスプレー塗装でつや消し黒にしてみたい。そうすりゃXC40に対抗できるかも。そんなことも考えました。」

これを読んだ瞬間「確かにそうかもしれない!」と思った筆者は、脳内にエクリプス クロスの絵面を浮かべ、そのメッキパーツを脳内のスプレー塗料でブシューッと黒く塗装してみた。

完璧だった。完璧にイカしてるコンパクトSUVが、そこにあった。

1/2ページ

最終更新:11/14(水) 11:02
carview!

あなたにおすすめの記事