ここから本文です

今オフは106人戦力外… 例年より多い実績者、沢村賞やタイトル獲得選手も

11/14(水) 11:38配信

Full-Count

ソフトバンク摂津は2012年に沢村賞、五十嵐は日米通算860試合登板

 ソフトバンクの2年連続日本一で幕を閉じた2018年のプロ野球。現在は侍ジャパンがMLB選抜と「2018日米野球」を戦い、そのほかの選手たちは秋季キャンプに参加するなどし、来季への準備をスタートさせている。一方で、各球団のフロントは戦力整備を着々と進め、来季に備えている。

【一覧】各球団発表、2018-2019年の引退、戦力外、自由契約一覧

 11月8日には今シーズンの第2次戦力外通告期間が最終日を迎えた。クライマックスシリーズ全日程終了翌日から始まった2次戦力外通告期間では新たに40選手が、所属球団から来季の契約を結ばない旨を伝えられた。第1次通告期間(10月1日から12日)と合わせて、今季は106選手が戦力外通告を受けた。

 毎年、ドラフト会議で12球団合わせて100人前後の新人が指名される。各球団の支配下登録枠は70人が上限に定められていることから、オフにはほぼ同数が戦力外を球団から言い渡される。とはいえ、今季は例年以上に輝かしい実績を残してきた選手が数多く非情通告を受けることとなった。

 そして、13日には12球団合同トライアウトが開催され、48選手が参加。現役続行への“ラストチャンス”で、自らの力をアピールした。

 今オフに戦力外通告を受けた主な実績ある選手は以下のようになる。

◯摂津正(ソフトバンク)10年目
2018:7試合2勝4敗0セーブ0ホールド 5.16
通算:282試合79勝49敗1セーブ73ホールド 2.98
2009新人王、2012沢村賞
2009&2010最優秀中継ぎ投手、2012最多勝&最高勝率

◯五十嵐亮太(ヤクルト→MLB→ソフトバンク)21年目
2018:23試合0勝1敗0セーブ2ホールド 4.50
NPB:777試合60勝38敗70セーブ159ホールド 2.93
MLB:83試合5勝2敗0セーブ4ホールド 6.41
日米通算:860試合65勝40敗70セーブ163ホールド 3.21
2004最優秀救援投手

◯成瀬善久(ロッテ→ヤクルト)15年目
2018:1軍登板なし
通算:249試合96勝77敗0セーブ0ホールド 3.38
2007最優秀防御率&最高勝率

◯西岡剛(ロッテ→MLB→阪神)16年目
2018:25試合40打数5安打0本塁打1打点 .125
NPB通算:1125試合4140打数1191安打61本塁打383打点 .288
MLB通算:71試合233打数50安打0本塁打20打点 .215
日米通算:1196試合4373打数1241安打61本塁打403打点 .284
2005&2006盗塁王、2010首位打者&最多安打
2005、2007、2010、2013ベストナイン
2005、2007、2010ゴールデングラブ賞

◯佐藤達也(オリックス)7年目、現役引退
2018:1軍登板なし
通算:262試合11勝21敗14セーブ109ホールド 2.71
2013&2014最優秀中継ぎ投手

◯聖澤諒(楽天)11年目
2018:27試合62打数12安打0本塁打2打点 .194
通算1034試合3004打数823安打19本塁打249打点 .274
2012盗塁王

1/2ページ

最終更新:11/14(水) 12:33
Full-Count

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ