ここから本文です

法定検査行わず、書類偽造 ペーパー車検の疑いで会社役員ら3人逮捕 佐賀

11/14(水) 11:15配信

佐賀新聞

 法定の検査を行わず、書類を偽造して不正に車検証の更新手続きをする「ペーパー車検」をしたとして、佐賀県警交通指導課や鳥栖署などは14日、虚偽有印公文書作成・同行使、電磁的公正証書原本不実記録・同供用、道路運送車両法違反の疑いで、福岡県小郡市横隈、会社役員のA容疑者(41)ら3人を逮捕した。県内外の関係先約10カ所を家宅捜索しており、余罪の有無を調べている。

 ほかに逮捕されたのは鳥栖市姫方町、会社員のB容疑者(46)と、福岡県朝倉市甘木、会社員のC容疑者(42)。

 3人の逮捕容疑は、共謀の上、10月9日ごろ、乗用車の車検に際し、法定の検査と整備をせずに、虚偽の保安基準適合証を作成して福岡運輸支局に提出し、不正に車検証の更新手続きをした疑い。県警は3人の認否を明らかにしていない。

 県警によると、A容疑者は国指定の民間車検場を経営し、B容疑者はそこで自動車検査員として検査業務に従事。C容疑者は、自分名義の乗用車の車検をA容疑者の民間車検場に依頼していた。県警は不正車検に関する情報提供を受け、捜査していた。

 A、B容疑者は車検業務ができる「みなし公務員」に当たるといい、不正の見返りとしてC容疑者との間で金品の授受があれば、贈収賄事件に発展する可能性がある。関係先も含めて捜査を進める。

 14日は県内外の会社や居宅など約10カ所を家宅捜索し、車1台と適合証や伝票など約1千点を押収した。

最終更新:11/15(木) 9:57
佐賀新聞

あなたにおすすめの記事