ここから本文です

【大相撲九州場所】初の初日から4連勝・貴景勝は自然体を強調

11/15(木) 11:30配信

東スポWeb

 大相撲九州場所4日目(14日、福岡国際センター)、小結貴景勝(22=千賀ノ浦)が昨年初場所の新入幕以来、自身初の初日から4連勝。幕内正代(27=時津風)に何もさせずに押し出した。完勝にも「自分の相撲になった。もう忘れて、5日目に気持ちを切り替えていきたい」と表情は変わらなかった。

 平常心を貫けるのは、日本相撲協会を退職した師匠の元貴乃花親方(46=元横綱)の教えがあるからだ。「120%は出せない。持っている力を全て出せるように」と自然体を強調。大関高安(28=田子ノ浦)、幕内栃煌山(31=春日野)とともに全勝でトップを走るが「負けてもすかっとする相撲を取れればいい」と目の前の一番に全力を尽くす姿勢はぶれなかった。

最終更新:11/15(木) 11:30
東スポWeb

あなたにおすすめの記事