ここから本文です

全部見つけられた? 花王のCM、仲良し4社がこっそり出演か 因縁の「野原ひろしの靴下」、担当者に聞く

11/16(金) 7:00配信

withnews

 現在放送中の花王アタックのCM「ひろしの靴下」。クレヨンしんちゃんに登場する野原ひろしのくさい靴下を洗濯するストーリーなのですが、どこかで見覚えが……。そうです、今夏にツイッターの有名企業アカウント5社が繰り広げた「最臭決洗」が元ネタになっているのです。しかも、花王のCMなのにこっそり他の4社も登場しているように見えます。花王の担当者に狙いを聞きました。

【画像】4社のカメオ出演?はこちら。赤い○で囲った部分です。ツイッター界で有名な企業アカウントですね

こんなCMです

 CMは、妻・みさえが洗濯物を干している場面から始まります。

 夫・ひろしの靴下のにおいをかぎながら、「パパの靴下、洗ったよね」と話すと、息子のしんのすけが「洗ってたぞ」「もう一度洗うぞ」と応じて、再び洗濯機に入れて洗います。

 その後、ひろしが登場して「花王さん、俺の靴下のにおい、とってくれよ」と語りかけ、最後に「抗菌水はアタック」と商品が登場して終わります。

 このCMについて、花王のツイッター担当者はこう説明します。

 「セガさん、シャープさん、タニタさん、キングジムさんと一緒に野原ひろしの靴下を洗った『#最臭決洗』がきっかけなんです」

最臭決洗とは

 花王の社屋内にある小部屋で今夏実施された「最臭決洗」。

 クレヨンしんちゃんに登場する野原ひろしのくさい靴下を、セガトイズが化学薬品で再現して東京おもちゃショー2018で展示。セガのツイッターが紹介すると、花王のアカウントが「これ、終わったら洗っちゃダメですか?」と反応して実現しました。

 洗濯機はシャープ、においチェッカーはタニタ、記録係はキングジムといった流れで、ツイッターの有名企業アカウントも続々参加。対決の様子は、各社のアカウントで紹介されました。

 結果については、「においチェッカーによる判定はゼロ! そして官能評価による判定は、ややひろしを感じるものの明日は会社に履いていけるレベル!」ということで、花王アタック・シャープ連合の勝利に終わりました。

担当者に聞きました

 この最臭決洗がきっかけになったという今回のCM。花王の担当者は、こう続けます。

 「最臭決洗の際、部屋に充満する靴下の臭気で薄れゆく意識の中、フォロワーさんが『これはクレしんコラボのフラグwww』とツイートしているのを見たんです。それでそのフラグ、ホントに回収しちゃうのもありかなと思い、やりました」

 花王の研究技術の粋が集まっているというアタック抗菌EXシリーズ。靴下臭をはじめとしたニオイに対して効果のある洗剤ということで、CMを見ている人に偉そうで押しつけがましくなく、楽しく商品の良さを伝えられるのではないかと考えたそうです。

 「ストーリーやキャラクターを引き立てるために、アニメではあえて省略するような、平成ほぼ最後の年のごく普通な家庭の風景を、細部までこだわって書いていただきました」

 放送開始後、ネット上では「最臭決洗に参加した企業の製品がこっそり出演してる」といった指摘が出ています。

 確認してみると、靴下を洗う洗濯機はシャープ、洗面台にはタニタのにおいチェッカー、部屋にはキングジムのファイルやセガトイズのおもちゃが描かれているように見えます。

 この点について尋ねると、しばらく沈黙した後で「……花王アタックのCMですよ?」という答えが返ってきました。

最終更新:11/16(金) 7:00
withnews

あなたにおすすめの記事