ここから本文です

(インタビュー)障害ある子の学び 遠山真学塾主宰・小笠毅さん

11/15(木) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 ダウン症や自閉症の子どもたち向けの塾「遠山真学塾」を開き、算数を中心に教えてきた小笠毅さん。気づいたのは、「障害のある子どもたちは、学びたいという意欲でいっぱい」ということ。35年にわたり子どもたちと接してきた教育者は、こう問いかける。障害のある子たちの学ぶ権利が、ないがしろにされていませんか。

 ――どのような塾ですか。
 「ダウン症や自閉症、学習障害など学ぶことに困難を抱えた人のための塾です。教室はビルの1フロア。長机に講師と生徒が向かい合って座り、マンツーマンで週に1度、90分の授業をしています。学校の教科書も広げつつ、タイルなど独自の教材を使い教えています。…… 本文:3,635文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

最終更新:11/15(木) 16:00
朝日新聞デジタル

あなたにおすすめの記事