ここから本文です

BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

11/15(木) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

「第69回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が14日、発表された。最大の注目は徴用工問題や、原爆Tシャツ問題で揺れに揺れている韓国勢の動向だ。

 2011年には「東方神起」「KARA」「少女時代」の3グループが出場した韓国勢だが、翌12年は、竹島問題の影響で出場者はゼロ。前回の二の舞が懸念されていたが、結果的に9人組ガールズグループのTWICEが当選した。BTSは原爆Tシャツ問題の当事者だけに落選は理解できる。しかし、東方神起の落選は不可解だ。

 日韓芸能ジャーナリストの吉岡斗志氏が言う。

「TWICEにはモモ、サナ、ミナの日本人3人が所属。『グローバル・ガールズグループ』としての特色、意味合いが強く、韓国色が薄い。そのため、原爆Tシャツ問題などの影響をダイレクトに受けることがなく、視聴者からの反発も少ないと予想されます。また、10代、20代のファンが多く、NHKが取り込みたいファン層と一致しているため、視聴率の起爆剤として期待されているのではないでしょうか」

 一方、落選した東方神起は昨年から今年にかけて全国5大ツアー公演を行い、78万人を動員。6月には日産スタジアムで3日間の公演で22万人を動員した。15年から兵役で活動を2年間、中止していたとは思えないほどの活躍ぶり。どうして落選したのか。

「10月スタートのNHKドラマ『主婦カツ!』では主題歌を歌い、当初は当選が確実視されていました。しかし、韓国人だけでコンビが構成されているため、視聴者から反発を受ける恐れがあるとNHKは判断したのでしょう。BTSのトバッチリを受けた感じです」(吉岡斗志氏)

 東方神起のファンは残念に違いない。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ