ここから本文です

ルメール、武豊の2騎手が香港国際ジョッキーズCSに出場

11/15(木) 15:34配信

スポーツ報知

 香港のハッピーバレー競馬場で12月5日に行われる「2018ロンジン・インターナショナル・ジョッキーズ・チャンピオンシップ」に、JRAからクリストフ・ルメール騎手(39)=栗東・フリー=、武豊騎手(49)=栗東・フリー=が出場することが11月15日、決まった。

 毎年恒例の国際騎手招待シリーズで、香港国際競走が行われる週の水曜に、毎年ハッピーバレー競馬場のナイター開催で12人の騎手が腕を競い合う。今年の出場騎手はJRAの2騎手のほか、ヒュー・ボウマン(オーストラリア)、ザカリー・パートン(香港)、ライアン・ムーア、シルヴェスター・デソウサ(以上イギリス)、ミカエル・バルザローナ(フランス)、コリン・キーン(アイルランド)、ハビエル・カステリャーノ(アメリカ)の7騎手が発表された。残る3騎手は香港所属騎手で、11月21日時点のリーディング上位2人と上位地元騎手1人となる。

 本シリーズは4競走を行い、1~3着の騎手に付与されるポイントによって争うもの。優勝騎手は50万香港ドル(約720万円)を与えられる。

最終更新:11/15(木) 15:38
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

あわせて読みたい