ここから本文です

9年間、フルーツだけで生きる男! 腸内には「赤ちゃんにしかいない菌」が…!?

11/15(木) 12:07配信

J-WAVE NEWS

フルーツだけを食べて9年間過ごしている、元東大教員・フルーツ研究家の中野瑞樹さんに取材した、J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』。ナビゲーターをサッシャと、sugar me名義でシンガーソングライターとしても活動する寺岡歩美がつとめています。ご紹介するコーナーは11月13日(火)のオンエアの「BEHIND THE SCENE」です。

水も飲まず99.9%の栄養をフルーツから摂取

中野さんは、水も一切とらず、99.9%はフルーツで暮らしています。残り0.1%は、ぬか漬けや梅干しなどから塩分を摂取しているとのこと。この日の朝は、みかん15個=1キロも食べたそうです。

1日に食べる食事の量と、フルーツだけを摂りつづける理由を訊きました。

中野:喉が乾いたら水分の多い果実をこまめに摂るので、朝ごはんや昼ごはんという概念はないです。
サッシャ:なぜフルーツだけの生活を始めたんですか?
中野:フルーツは糖が多いと思われていて、食べ過ぎてはダメと思っている人が多いですが、科学的な研究がないのです。「フルーツの食べ過ぎはダメ」というのはデータをもとに言っているワケではない。そこで、体を張って食べ続けています。

肌がスベスベ、腸内には「赤ちゃんにしかいない菌」が!

サッシャ:9年間、果物だけで過ごすとどうなるのですか?
中野:まず痩せます。食べ方にコツはあるのですが、ダイエットしたい人は積極的にフルーツを摂るのがいいです。
サッシャ:体重以外の変化はどうですか?
中野:肌がすべすべになります。お尻、背中、腰、太股は幼稚園児並みにベビースキンになっています。
サッシャ:データ的な変化はありますか?
中野:私の腸内フローラは、普通の方とは違うものになっています。今まさに調べている最中ですが、生まれたての赤ちゃんにしかない種類の菌がたくさんいます。赤ちゃんに1週間程度しかいない菌がたくさんいるんです。まだ理由はわかりませんが、果物は食物繊維が多いので、それをエネルギーにかえる菌はたくさんいると思います。

その他にも、こんなフルーツにはこんなメリットがあります。

・果物はビタミンCが豊富なので、風邪をひいても治る期間が短い
・みかんを食べ続けている時期は骨密度が平均値の3割以上も高い

特に閉経後の女性では、旬の時期のみかんを3~4個摂ると骨密度が高くなり、骨粗しょう症のリスクが摂らない人と比べて92%低くなるというデータがある。みかんを食べている人は骨粗しょう症にほとんどならないのだとか。

1/2ページ

最終更新:11/15(木) 12:07
J-WAVE NEWS

あなたにおすすめの記事