ここから本文です

広島の元エース 高校野球部員に暴行の元プロ野球選手に「たまらない思い」

11/16(金) 17:35配信

デイリースポーツ

 プロ野球・広島の元エースで野球解説者の北別府学氏が16日、公式ブログを更新し、名古屋経済大学高蔵高野球部で元プロ野球選手の監督が部員に暴力を振るった問題に「大変な衝撃を受けました」と打ち明けている。

【写真】北別府氏 スマホを手に夢を語った

 監督は引退後、一般企業勤務を経て07年に同校の国語教師として赴任、09年に野球部監督に就任した。今回、スマホに関する野球部のルールを部員が破ったことに腹を立て、1、2年生の男子部員12人を殴ったものが明るみに出た。

 北別府氏は「素晴らしいセカンドキャリアを歩みながら 本当に残念でたまりません」と惜しみつつ、「映像を見ると生徒への指導などではなくただの暴力で、愛情も何も感じることのない指導とは言えない感情をぶつけているだけに見えます」と、厳しく批判。引退後の「理想を叶えたような生き方」をしていた監督の体罰に「たまらない思い」になったという。

 引退後の人生について、北別府氏は「それからどんな勉強だってできるはず。元カープ選手のホプキンスさんなど退団後に医学の勉強をして医者になりました」という例を挙げ、「苦しい事も多いと思うけど、その後の長い人生を誤らずに生きていくために頑張らなければ。若い選手たちは、充実した選手生活、その後のセカンドキャリアを送る為にも日常の中でも厳しく身を正して将来をしっかりと見据えて欲しい」と訴えていた。

最終更新:11/16(金) 18:25
デイリースポーツ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ