ここから本文です

努力が続かないポンコツ3人組に“努力のプロ”倉持由香×大西桃香がガチコンサル!

11/16(金) 12:03配信

新R25

継続は力なり。

…とはいうけど、「努力を続けること」って、ものすごく難しくないですか?

何かを頑張ろうと思い立ってはみるものの、忙しさを言い訳に三日坊主で終わってしまったり、思うように結果が出ずだんだんと手付かずになったり。

このままでいいはずがない!

ということで今回は、編集部メンバー&筆者の「続かない努力」を、こちらのお二人に本気でコンサルしてもらいました!

そしてもう一人は、毎朝5時半にSHOWROOMで動画を配信しつづけ「5時半の女」としてその名を知らしめた大西桃香さん(AKB48)。

「努力の女」であるお二人、よろしくお願いいたします!

ダメ出しを受けるのはこの3人!

左:サノ(筆者)
経歴1年の金欠フリーライター。財布も胸板も薄い。

中央:宮内
趣味は酒。いつもオーバーサイズめな服を着ているが、その理由とは…?

右:天野
ユルい働き方を好む編集者。後輩に威厳を示したいお年ごろだが…

1人目:天野「遅刻癖って、どうしたら直りますか?」

天野:
さっそく僕からなんですけど、遅刻癖をどうにかしたいんです。もともと夜型なのもあって、朝起きるのが苦手で。

先月から「無遅刻をつづけるぞ」って意気込んだんですが、1カ月を目前に無遅刻記録が途絶えてしまいました…

大西さん:
それは、「危機感不足」ですね。

朝型夜型っていうのもあるとは思うんですけど、それ言ってても何にもならないし、どこかで「最悪、遅刻してもいいや」と思っているんじゃないでしょうか。

天野:
うっ…いきなり鋭い。

大西さん:
寝坊って、「遅刻したらヤバイ!」と本気で思えるかどうかだと思うので、私は、遅刻できないときは自分に「めちゃくちゃ大きなプレッシャーをかけてから寝る」ようにしてます。

今でこそ「5時半の女」なんて呼んでもらってますけど、もともと低血圧で、小・中・高のときはいっつもギリギリに登校してたタイプだったんですよ。

天野:
意外です。でも毎朝5時半に動画配信をつづけたんですよね!? どうやって自分にプレッシャーをかけたんですか…?

大西さん:
それはもう、毎晩寝る前に「寝坊したらまとめサイトに載るぞ」と…

倉持さん:
「【悲報】朝5時半の女、ついに遅刻www」みたいなこと?(笑)

大西さん:
それは絶対に嫌やなと思って(笑)。そうやってプレッシャーかけて頑張って起きているうちに、半年くらいしたら身体が慣れてきました。

天野:
半年か…道のりは長い。

倉持さん:
一回遅刻をしたら、一つ仕事を失うくらいの覚悟を持っておいたほうがいいと思いますよ。遅刻って、それくらい信頼を失うので。

私もグラビアの撮影で「朝5時半に渋谷西武前に集合」とかザラにあるんですけど、遅刻して現場の皆さんに大迷惑をかけて、その雑誌から呼ばれることがなくなって最悪年収が下がると考えたらもう…震えますね。

だから私、すっごいアラームかけてるんですよ。

倉持さん:
ちなみに、前回「無遅刻」の努力が途切れてしまった理由って何ですか?

天野:
え? えーと、都バスが遅延して…

倉持さん:
都バスは優秀なので、そうそう遅延しませんよね。

というか多少遅れても大丈夫なぐらいの時間に出てるべきですよね。

天野:
……はい。

倉持さん:
遅刻したとき、一番ダメなのって「言い訳すること」だと思うんですよ。「嘘だろうな」ってまわりはわかってるから!(笑)。素直に謝るのが一番いいです。

言い訳までしたら「もうこいつには仕事を振らないでおこう」と思われちゃっても仕方ないですよね。

天野:
遅刻をしたら、信頼を失って年収が下がる…。これを毎晩自分に言い聞かせてプレッシャーをかけます…!

1/5ページ

最終更新:11/16(金) 12:03
新R25

あなたにおすすめの記事