ここから本文です

英任天堂、Nintendo Switch対応タイトルの1000本突破を祝して映像を公開。VC除くWii Uの約750本を抜く

11/16(金) 15:20配信

電ファミニコゲーマー

 Nintendo UKは、Nintendo Switchでリリースされたゲームが1000タイトルを超えたことを記念するトレイラーを公開した。2017年3月3日にパッケージ・ダウンロードあわせて20本のゲームがリリースされて1年と8ヵ月経ったが、2018年内で4桁の大台に到達した。

【この記事に関連するほかの画像を見る】

 Nintendo UKの発表に先んじて10月24日に公開されたNintendo of Americaの「Nintendo Switch - Come Together and Play Anytime, Anywhere」のトレイラーでは、リリースされたゲームが1000本を超えたことが発表されている。また、日本では10月31日に公開された任天堂の第2四半期決算説明会の資料で、ニンテンドーeショップから購入できるゲームが全世界で1300本以上であることが発表されていた。

 また、独自にニンテンドースイッチでリリースされたゲームの本数を集計していた海外メディアPerfectly Nintendoには、8月下旬に地域問わずリリースされたゲームが1000本を超えたことが報告されていた。同メディアによれば、11月16日の時点でリリースされたゲームの本数は全世界で1438本、日本で利用できるゲームは833本となっている。

 Nintendo Switchリリースから本日11月16日で623日になるが、1日に世界のどこかでかならず2本以上ゲームがリリースされている計算になる。参考までに、2012年にリリースされたWii Uはバーチャルコンソールを除き、これまで発売されたタイトルは約750本となっている。

 販売タイトル数の急激な増加は、任天堂がNintendo Switchでこれまで以上にニンテンドーeショップの間口を広くし、インディゲームに力を入れていることが一因だろう。

 Nintendo of Americaの「Nintendo Switch Nindies Showcase」、日本でも「INDIE WORLD」や「よゐこのインディーでお宝探し生活」など、さまざまなプロモーション活動が行われている。最新作だけでなく、過去の名作インディゲームをNintendo Switchへ移植することにも精力的だ。

 しかしタイトル数の増加は、時として問題を引き起こすこともある。ゲームの販売品数が急増するという同様のケースで先行するSteamにおいては、リリースされるゲームの多さにより埋もれてしまうゲームが出てくることはかねてから指摘されており、アップデートで検索アルゴリズムを改善するなどしてきた。

 増加するタイトル数に対しては任天堂も対策を行っており、今年に入ってからニンテンドーeショップのアップデートを積極的に行っている。11月に入ってからは検索機能が強化され、ジャンルや価格帯など4つの項目からゲームを探せるようになっている。これからもますますタイトル数が増加していくことが予想されるNintendo Switchだが、任天堂は利便性にも目を光らせている。

文/古嶋 誉幸

電ファミニコゲーマー:古嶋 誉幸

あなたにおすすめの記事