ここから本文です

OSK、「SMILE V」の情報系モジュールを発売

11/16(金) 17:00配信

BCN

 OSK(宇佐美愼治社長)は11月15日、基幹業務システム「SMILE」と情報系システム「eValue」を融合した「Vシリーズ」として、「SMILE V」の情報系モジュールを11月20日に発売すると発表した。

 eValueは、1992年のグループウェアのリリースから、企業の情報共有を支援してきた。今回、ワークフロー、ドキュメント管理、コミュニケーション、スケジューラといった情報系モジュールを、昨年リリースした基幹系のSMILE Vと同じ基盤で動作するVシリーズとして提供する。

 この情報系モジュールは、生産性を向上しつつ内部統制基盤も確立するワークフロー、社内情報資産の一元管理・活用を促進するドキュメント管理、円滑な情報流通により手戻りを削減するコミュニケーション、予定を共有し日々の活動のパフォーマンス向上を実現するスケジューラを、基幹業務と一体運用することができ、業務担当者だけでなく、全社員の効率化と業務精度の向上を図ることができる。

 これによりSMILE Vは、バックオフィス業務からフロントオフィス業務まで、オフィス業務をまるごと支援するシステムとして、IT導入の新たな付加価値を提供する。

 また、情報系モジュールに特化した「eValue V」も同時発売する。19年春に向け、業種・業務に特化した機能の搭載も予定しており、さらにパワーアップしていく考え。

 税別価格は、基準情報が10万円から、ドキュメント管理モジュールが25万円から、ワークフローモジュールが55万円から、スケジューラモジュールが15万円から、コミュニケーションモジュールが15万円から。

最終更新:11/16(金) 17:00
BCN

あなたにおすすめの記事