ここから本文です

羽生GPファイナル欠場も、全日本も「厳しい」 負傷の右足首「3週間は安静」松葉杖

2018/11/17(土) 22:24配信

デイリースポーツ

 「フィギュアスケート・ロシア杯」(17日、モスクワ)

 SP首位の羽生結弦(23)=ANA=は、3回転アクセルで転倒があったものの167・89点、SPとの合計278・42点でフィンランド大会に続くGPシリーズ連勝を果たし、日本男子初の10勝目を達成した。しかし、この日の公式練習で痛めた右足首は「3週間は安静」が必要だと診断されていたと自ら明かし、出場権を得た12月6日にカナダのバンクーバーで開幕するグランプリファイナルの出場は欠場する可能性が浮上した。

【写真】演技直後は笑顔の羽生だったが…

 報道陣の取材に「痛み止めの錠剤は効いていますし、いいのかもしれないけど、明日もたぶん厳しいと思うし、ちょっとファイナルについては考えないといけないなと」と、痛み止めを服用してフリーの演技に臨んでいたことを告白。同時にグランプリファイナルを欠場する可能性も示唆した。

 今大会を欠場する可能性についても問われると、「靱帯(じんたい)損傷には間違いないので、はっきりドクターの指示を言ってしまえば、3週間は安静なんですよ。本当は。そうすると全日本も厳しいので。調整期間まで考えると」と、12月21日に大阪府門真市で開幕する全日本選手権も微妙な状態だとの見方を示した。

 その上で、「だから、何をしたくて、何を削るかを考えた上で、今日しかないかなと思いました」とこの日の演技にかけていたと説明した。フリーの演目「Origin」は尊敬するロシアの“皇帝”プルシェンコの演技「ニジンスキーに捧ぐ」をモチーフにしたもの。「ロシアだったからこそ、この試合を選んだのかなとは思っています」と思いを注ぎ込んでいたことをうかがわせた。

 不安視される右足首については「本当に申し訳ないんですけど、自分でも悔しいなと思うんですけど、去年のNHK杯以降より、弱かった右足首がさらに緩くなってしまっていて、ほんのちょっとの衝撃でもすぐに捻挫に、大きなケガになってしまうのは悔しい」と胸中を吐露した。

 会見には松葉杖をついて姿を見せた。この日の優勝は、代償を覚悟した上でのものだった。

最終更新:2018/11/17(土) 23:32
デイリースポーツ

あなたにおすすめの記事