ここから本文です

休養前のように歌えず泣いた...藍井エイルが語る葛藤と新曲、そしてLiSA

11/17(土) 10:24配信

BuzzFeed Japan

日本武道館のステージから見た観客席は、649日前と同じ青いサイリウムで包まれていた。ただあの日と違い、喜びの光に見えた。藍井エイルは8月16日、約1年9か月ぶりのライブを行った。ファンの前に立つのは2016年11月、無期限休養に入る前の武道館でのライブ以来だった。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

【動画】記事中に登場する「約束」のPV

「3曲目くらいまでは緊張しすぎて、手とかガタガタ震えて。ライブの翌日に映像を見たんですけど、実際にライブをしていた時の方が時間がゆっくり感じて。ゆったりすぎたからあたふたしたんです。映像を最初見た時に笑っちゃって。でも楽しかったです」

藍井は2016年10月に体調不良を理由に無期限休養に入ることを発表。11月5日の日本武道館ライブを最後に、長い休養に入った。

「休養中はギターを習いに行ったり、ボイトレに行ったり、ジムやヨガで体幹を鍛えたりとアクティブでした。お休みしているからと外に出るのは良くないなと思っていたので。太陽の光を浴びて、犬の散歩をして。でも人見知りなんで、挨拶されても伏し目がちになったり(笑)」

休養中について笑顔で振り返った藍井。けれどエンターテイメント界の流れは速い。終わりが見えない休養の中、忘れられていくのではという不安もあった。

「また歌いたいという思いはあったんですが、体調との相談だったので…。とにかく焦らないようにと自分に言い聞かせて、それでも焦っちゃう。そこばかり考えると何もなくなっちゃうので、この休める時間を大事にしようと思いました。けれど、最初は切り替えが難しくて。格闘していましたね」

葛藤する日々は、自分自身と向き合う機会ともなった。

「自分ができないことをできない、わからないことをわからないと言えない。カッコつけたがりなところとか、それまでの自分は強がりだったんだなということに気づきました」

「休養中、映画やドラマを見る集中力がなかったこともわかりました。同じ映画を7回見たりしてたんですけど、内容が入ってこない。だから日本語のアニメ、ドラマでも字幕をつける。そうしないと理解が追いつかない。そんな変な部分にも気づかされる、大事な、有意義な時間でした」

1/3ページ

最終更新:11/17(土) 21:06
BuzzFeed Japan

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ