ここから本文です

やってはいけない!街で見かけた11月のNGコーデ

11/17(土) 19:45配信

All About

◆やってはいけない! 街で見かけた11月のNGコーデとは

ニットや軽いアウターの出番が増えてくる11月。気温が快適で重ね着も楽しめるので、秋ファッションが一番好き、という方も多いですよね。でも、何気なく着ているその秋冬コーデ、実はNGかも……? ここでは11月のNGコーデについてお伝えしていきます。
 

◆昨年までの裾広がりワイドでは古い印象に!?

昨年までかなりの頻度で見かけて、定番化したかのように感じたワイドパンツですが、この秋冬には大きな変化が見られました。それは「裾が広がっているかどうか」。昨年までのワイドパンツは、裾に向かって広がっているワイド感が特徴でしたが、今年はワイドパンツとは名がつくものの、裾はストレートがほとんど。
 
去年までの「フルレングス丈&裾広がり」をそのまま履くと、ちょっと古い人に見られてしまいそう……。オシャレさの観点からは、あまりに裾広がりなものは避けた方が賢明です。
 

◆トラッドテイストが幼くならないよう要注意

毎年秋冬に人気のトラッド系アイテム。特にチェック柄やチルデンニットは今年トレンドなので、数多く出ていますよね。トラッドアイテムは定番なので、「○歳になったら似合わない」ということはないのですが、コーデがスクールガール風になってしまうと途端に違和感が……。

チルデンニット、ケーブルニットにシャツの重ね着、チェックのスカート、ダッフルコート、Pコート、ローファーといろいろなトラッドアイテムがありますが、赤や黄色、グリーン系など元気な配色が目立つと、顔は大人なのにコーデは子供っぽく、アンバランスな印象になりがち。また、トラッド系は体のラインが出ないアイテムが多いので、ほっこり系になってしまうことも。


大人の女性がトラッドアイテムを着る時には、どこかにシャープさを残して、辛口にまとめるのがコツ。目立つ色は1色のみにして色使いを絞ったり、ワントーンで馴染ませたり、シューズをポインテッドトゥにするだけでも、ぐっと大人な印象になるので、全身のバランスに気を付けて着てみて下さい。
 

1/2ページ

最終更新:11/17(土) 19:45
All About

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい