ここから本文です

弾みをつけたい千葉ジェッツ、相手キーマンのギブソンに要注意

11/17(土) 9:47配信

バスケットボールキング

■千葉ジェッツvs大阪エヴェッサ(@船橋アリーナ)
第1戦:11月17日15時5分、第2戦:11月18日15時5分

 10勝2敗で並んでいた栃木ブレックスとの直接対決に敗れた千葉ジェッツは、前節も琉球ゴールデンキングスとの1戦目で接戦を落とし、開幕節以来となる今季2度目の連敗。2戦目は取り返したものの、栃木とは2勝差に開いた。勝率5割を切る相手と戦う今節と次節は確実に白星を積みあげるチャンス。特に、次節以降の10試合のうち9試合がアウェーでの戦いになるため、ホームで戦う今節は連勝して弾みをつけておきたいところだろう。

 琉球に敗れた1戦目は、第3クォーターまでに11点ビハインドを背負う苦しい展開。第4クォーターも劣勢が続き、最後の2分で11得点を挙げたが2点届かなかった。2戦目は前日86失点のディフェンスを修正して20点差の快勝。ここ数試合、得点面で安定感のある石井講祐は2戦とも2ケタ得点をクリアしたほか、2戦計11アシスト7スティールと持ち味の外角シュート以外でも存在感を示した。

 前々節まで8連敗の大阪エヴェッサは横浜ビー・コルセアーズと対戦。前半は46失点を喫するなど相手のオフェンスに苦しめられたが、後半に49得点を挙げて接戦を制し、ようやく連敗を止めた。2戦目も第2クォーターに主導権を握って勝利。この連戦は1戦目で8得点7リバウンド7アシスト、2戦目で14得点と木下博之の活躍が目立った。トンネルを抜けだしたところで千葉に土をつければ、勢いに乗って一気に連敗を帳消しにすることも可能だ。

 第6節での対戦は2戦とも千葉が大阪を60点台に抑えているとはいえ、大阪はその後の5試合中4試合で80点前後の得点を挙げており、油断していると足をすくわれるだろう。最も警戒しなければならないのは大阪の得点力アップの原動力であるエグゼビア・ギブソンであり、当然ながら外国籍選手のディフェンス力が問われることになるが、前節に出場時間を伸ばした藤永佳昭にもポイントガードのリズムを狂わせるディフェンスを期待したい。

文=吉川哲彦

■ロースター
・千葉(ヘッドコーチ:大野篤史)
ジョシュ・ダンカン
富樫勇樹
マイケル・パーカー
田口成浩
トレイ・ジョーンズ
大宮宏正
アキ・チェンバース
西村文男
藤永佳昭
ギャビン・エドワーズ
石井講祐
原修太
小野龍猛

・大阪(ヘッドコーチ:穂坂健祐)
今野翔太
長野誠史
藤高宗一郎
ファイ・パプ月瑠
根来新之助
木下博之
合田怜
ジャマール・ソープ
エグゼビア・ギブソン
熊谷尚也
畠山俊樹
ジョシュ・ハレルソン

BASKETBALL KING

あなたにおすすめの記事