ここから本文です

仮面ライダージオウ「ゴースト」西銘駿&山本涼介の友情出演が決定!

11/18(日) 9:30配信

シネマトゥデイ

 テレビ朝日系で放送中の人気特撮シリーズ最新作「仮面ライダージオウ」(日曜午前9時~)の新たなゲストとして、「仮面ライダーゴースト」で主人公の天空寺タケル/仮面ライダーゴーストを演じた西銘駿と、タケルの幼なじみの深海マコト/仮面ライダースペクターを演じた山本涼介が出演することが明らかになった。

【動画】劇場版も衝撃!『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』本予告

 時間改変を目論む集団タイムジャッカーが生み出す“アナザーライダー”と、平成仮面ライダーの力を受け継いで戦うジオウのバトルを描く本作では、歴代ライダー作品キャストのゲスト出演も話題に。12月2日、9日放送予定のEP13とEP14では「ゴースト」の時代が舞台となり、西銘と山本(EP14のみ出演)、さらにタケルらの活動拠点でもあった大天空寺の修行僧シブヤ役の溝口琢矢、ナリタ役の勧修寺玲旺が、当時の役柄で出演する。

 今回の「ゴースト編」では、冒頭から正体不明のアナザーゴーストが登場。「不可思議現象研究所」として、人々が襲われる事件を調査していたタケルは、アナザーゴーストと戦う仮面ライダージオウ=ソウゴ(奥野壮)を、敵の仲間と誤解して捕獲・連行してしまう。アナザーライダーの影響でタケルは、ゴーストとしての記憶を失った状態。仮面ライダーゴースト、また14話から登場するマコト=スペクターが、いかにして復活するのかも気になるところだ。

 本作は「平成仮面ライダーシリーズ」の20作品目にして最終作となる記念碑的作品。これまでにも「仮面ライダービルド」や「エグゼイド」「鎧武/ガイム」「オーズ/OOO」「555(ファイズ)」などの歴代キャストが出演しており、今後のゲストにも期待が高まる。(編集部・入倉功一)

最終更新:11/18(日) 9:30
シネマトゥデイ

あなたにおすすめの記事