ここから本文です

【F3】マカオGPで大クラッシュの女性ドライバーが情報更新「明朝手術します」

11/18(日) 21:59配信

TopNews

2018年11月18日(日)、第65回マカオGPのFIA F3ワールドカップ決勝レース、リスボア・ベンドで女性ドライバーのソフィア・フローシュ(Van Amersfoort Racing)がハイスピードでフェンスを突き破る大クラッシュを起こし、赤旗中断となった。

オープニングラップのクラッシュでセーフティカーが導入されて再開されたばかりの5周目、リスボア・ベンドで大クラッシュが発生した。ソフィア・フローシュのマシンが他マシンに乗り上げてしまい、速度を落とすことなく宙を飛び、フェンスを突き破ってガードレールに直撃し、地面に落ちた。映像で観てもわかるように、かなりの衝撃なのがわかる。

この事故には坪井翔(トムス)も巻き込まれており、ソフィア・フローシュと坪井の2名のドライバー、マーシャル1名、カメラマン2名の計5名が負傷した。

ソフィア・フローシュは、20時46分に公式ツイッターを次のように更新し、意識があることを全世界に伝えている。

「明朝、手術が行われることを皆さんにお伝えします。@fia @hwaag_official @MercedesAMGF1 の皆さんが素晴らしいケアをしてくださっています。応援メッセージをくださった皆さんにも感謝します。今後については随時情報更新いたします」。

最終更新:11/18(日) 21:59
TopNews

あなたにおすすめの記事