ここから本文です

日ハム選手らが子どもたちと交流

2018/11/18(日) 17:13配信

共同通信

 9月に発生した北海道の地震で震度7を観測した厚真町の子どもたちを元気づけようと、プロ野球日本ハムやサッカーJリーグの北海道コンサドーレ札幌などの選手8人が18日、札幌市で開かれたスポーツ交流イベントに参加した。

 アスリートを学校などに派遣している団体「A―bank(エーバンク)北海道」が、インターネットで資金を募るクラウドファンディングを利用し企画。日本ハムの田中賢介選手らと子どもたち約100人が、ボールをパネルに当てる「ストラックアウト」などで対決した。

最終更新:2018/11/18(日) 17:14
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事