ここから本文です

21歳の大器ズベレフ 最終戦初の決勝進出、フェデラー撃破<ATPファイナルズ>

11/18(日) 0:48配信

tennis365.net

Nitto ATPファイナルズ

男子テニスの最終戦 Nitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は17日、シングルス準決勝が行われ、第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)が第2シードのR・フェデラー(スイス)を7-5, 7-6 (7-5)のストレートで破り、初の決勝進出を果たした。

【「圭は素晴らしい」とズベレフ】

この日、21歳のズベレフは6度の優勝を誇る37歳のフェデラーのドロップショットやネットプレーに苦戦するも、第12ゲームではパッシングショットを決めるなどでブレークに成功し第1セットを先取。

第2セットは先にブレークを許す展開から第4ゲームでブレークバックすると、タイブレークを制してストレート勝ちをおさめた。

決勝では、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第4シードのK・アンダーソン(南アフリカ)の勝者と対戦する。

将来の世界ナンバー1候補の呼び声が高いズベレフは、今シーズン3大会でタイトルを獲得している。

一方、敗れたフェデラーは11度目の決勝進出とはならなかった。

Nitto ATPファイナルズは8選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。リーグ戦1位通過者は、もう一方のリーグ戦2位通過者と準決勝で対戦する。

【グループ・グーガ・クエルテン】
(1)N・ジョコビッチ 3勝0敗
(3)A・ズベレフ 2勝1敗
(5)M・チリッチ(クロアチア) 1勝2敗
(8)J・イズナー(アメリカ) 0勝3敗

【グループ・レイトン・ヒューイット】
(2)R・フェデラー 2勝1敗
(4)K・アンダーソン 2勝1敗
(6)D・ティーム(オーストリア) 1勝2敗
(7)錦織圭 1勝2敗

最終更新:11/18(日) 0:58
tennis365.net

あなたにおすすめの記事