ここから本文です

ブーイングで謝罪ズベレフ「分かって欲しい」 後味悪い幕切れ<ATPファイナルズ>

11/18(日) 11:20配信

tennis365.net

Nitto ATPファイナルズ

男子テニスの最終戦 Nitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は17日、シングルス準決勝が行われ、第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)が第2シードのR・フェデラー(スイス)を7-5, 7-6 (7-5)のストレートで破り、初の決勝進出を果たした。

【ジョコvsズベレフ 1ポイント速報】

この日、ズベレフは第1セットを先取すると、第2セットはタイブレークへ突入。そのタイブレークでズベレフとフェデラーが打ち合う中、ボールボーイはボールを落としてしまう。

それに対し、ズベレフはラリーを止めて主審にリプレイを要求。これで観客からはブーイングが起きた。

1時間35分で勝利したズベレフだったが、試合後もオンコートインタビューでもブーイングは鳴りやまず、後味悪い幕切れとなった。

会見ではタイブレーク中に何が起きたか問われ「ラリーの途中でボールボーイがボールを落としそれを取りに走った。思わずラリーを止めた。レットだと言われた。それがルール。観客は明らかに喜んではいなかった。それには自分は少し憤慨した。いや、憤慨ではない、その後のブーイングや観客からのリアクションに少し悲しかった。恐らく彼らは実際何が起きたか分からなかった。だから、そんなリアクションになったのだと思った」

「しかし最後にネットでロジャー(フェデラー)には謝った。彼は君が謝る必要はないと言っていた。あれも試合の一部。起きてしまうものだと」

ブーイングが起きたときの感情について詳しく求められると「既に語ったように、試合に勝ったのは自分にとって幸せな瞬間だった。決勝戦へ進んだ。でも同時にとても悲しい瞬間でもあった。なぜなら、自分が望んだ勝利の仕方ではなかったから。ブーイングを受けるのは良い気分では全くない。観客はきっと実際何が起きたか分からなかった、どういう状況か分かっていなった。我々は長いラリーをしていたが、そのポイントがサービスエースに変わってしまった」

「その後はとても感情的だった。ブーイングがその後に声援のようなものになっていったのは、助けられた。当然いろんな感情が頭をよぎった。その後、ロッカールームではとても気分が悪くなったりもした。ブーイングした観客は実際何があったのかを見直してくれることを願うし、自分が何も悪いことをしていないとただ分かって欲しい」

決勝では、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。

Nitto ATPファイナルズは8選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。リーグ戦1位通過者は、もう一方のリーグ戦2位通過者と準決勝で対戦する。

【グループ・グーガ・クエルテン】
(1)N・ジョコビッチ 3勝0敗
(3)A・ズベレフ 2勝1敗
(5)M・チリッチ(クロアチア) 1勝2敗
(8)J・イズナー(アメリカ) 0勝3敗

【グループ・レイトン・ヒューイット】
(2)R・フェデラー 2勝1敗
(4)K・アンダーソン 2勝1敗
(6)D・ティーム(オーストリア) 1勝2敗
(7)錦織圭 1勝2敗

最終更新:11/18(日) 11:20
tennis365.net

あなたにおすすめの記事