ここから本文です

【ジャパンC馬体診断】アーモンドアイ

11/19(月) 14:00配信

デイリースポーツ

 「ジャパンC・G1」(25日、東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)の両トラックマンが、ジャパンCに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真】週末予想の参考に ジャパンC有力馬の馬体をチェック

 【アーモンドアイ 評価A】

 全体的なボリューム感は秋華賞以上。ただ、無駄な脂肪が一切なく、質のいい張り。もともと皮膚が薄く無駄な肉は付きにくいタイプではあるが、ここまで張った馬体は初めて見た。

 前駆に力感が増し、巻き上がり気味だった腹にも筋肉が付いて、バランス良く成長しているイメージ。肩回りやトモの筋肉量も増えているが、ゴツさがない。可動域を広く保てる体幹の強さ、柔らかさに、パーツパーツもしっかりとしている印象を受ける。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)

 〈1週前追い切り診断〉ルメールを背に美浦Wで5F65秒4-36秒7-12秒8(馬なり)。攻め動く古馬2頭を追い掛けたが、直線は必死に食らいつく相手の横を涼しい顔のまま抜け出した。自慢の切れ味にさらに磨きがかかっており、ケチのつけようがない状態だ。

最終更新:11/19(月) 14:14
デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事