ここから本文です

パナメーラGTSに見るポルシェのサルーン&モデル戦略

11/19(月) 8:03配信

carview!

GTSの背景に絶妙なバリエーション戦略あり

ポルシェのバリエーション戦略にはしばしば舌を巻く事がある。

例えば「911」シリーズだが、スタンダードの「カレラ」に加えて常に30馬力ほどエクストラパワーとそれなりに差別化されたボディ関係装備を与えた「カレラS」、そしてトップモデルの「ターボ」、クラブスポーツ仕様には「GT3」がある。一方ボディのバリエーションはスタンダード、「4S」(4輪駆動)のワイドボディ(992では統一されるが)、そしてオープンエア・ドライバーのためには「カブリオレ」、「タルガ」、そして時折、限定バージョンとして「スピードスター」が加わる。

>>パナメーラGTSの写真を見る<<

このマーケティング手法は4ドアスポーツサルーンの「パナメーラ」にも当てはまる。

現行でのボディ形状はスタンダードのハッチバックとシューティングブレークの「パナメーラ スポーツツーリスモ」の2種類に対して、エンジンはV6ターボとV6ハイブリッド、そしてV8ターボ、V8ハイブリッドが存在する。しかし、V8は欲しいが2000万円の大台は超えたくないと考える人たちはこれまでちょうどいいモデルがなかった。特に北米市場では多気筒、特にV8にこだわる人が多い。そこでポルシェが下した救済処置が今回のGTSである。

こうした背景で誕生したGTSのスペックを見ると4リッターV8ツインターボの最高出力は460馬力(338kW)、最大トルクは620NmとV6ツインターボを搭載する4Sよりも20馬力パワフルなだけ、また上を見ると550馬力のターボとの差は90馬力と非常にマーケティング的な数字に落とし込まれている。

さらに穿った考え方をすれば、つい先ごろAMGが「GT」4ドアバージョンの大掛かりな発表試乗会をアメリカ唯一のF1コースがあるテキサスのオースチンで行なったが、これに対抗している可能性も大いにある。というのもポルシェは試乗会の場所をバーレーンに決定、そのスケジュールにはF1コースでの試乗も含まれているからである。しかも試乗車にはクリスタルグリーンというAMG GT Rのグリーンに似たボディカラーまで用意されていた。

1/3ページ

最終更新:11/19(月) 11:02
carview!

あなたにおすすめの記事