ここから本文です

ジェンソン・バトン、スーパーGT王者の翌週には、WEC初表彰台を獲得「今はレースを楽しめている」

11/20(火) 17:27配信

motorsport.com 日本版

 先日上海国際サーキットで行われた、WEC(FIA 世界耐久選手権)スーパーシーズン第5戦上海6時間レース。TOYOTA GAZOO Racingの2台に続いてチェッカーを受けたのは、ジェンソン・バトン、ヴィタリー・ペトロフ、そしてミカエル・アレシンがドライブする11号車SMPレーシングだった。

 バトンにとっては、WECで初の表彰台。また、山本尚貴と組んでチャンピオンを獲得したスーパーGTの最終戦に続き、2週連続での歓喜となった。

 バトンは、マクラーレン・ホンダでの厳しい2年間をもってF1から退き、2017年は休養に充てた。しかしその間にスーパーGTの鈴鹿1000kmにスポット参戦したことで”レースに対する愛情”を再発見。今季はスーパーGTとWECにフル参戦している。そして、スーパーGTではチャンピオンになり、WECでは表彰台獲得という好結果を残した。

「ここ数週間は、とても良い時間を過ごしている。先週はスーパーGTのチャンピオンにもなったし、今週末にはWECで表彰台も獲得できた」

 そうバトンは言った。

「今年は僕にとっては、とても楽しい1年になっている。F1で厳しい時期を過ごした後、去年はかなり休んだ。そしてレースに戻り、うまくやれている。僕はとても幸せだし、楽しむことができているんだ」

「レースを楽しんでいた頃からは、もう何年も経っている。でも、今年は楽しめているんだ」

 レース終盤、姉妹車である17号車のクラッシュによりセーフティカーが出動。この結果11号車SMPは、それまで築いたリードを一気に吐き出すこととなった。これで1号車レベリオンからプレッシャーをかけられることとなるが、ペトロフは雨が強くなったレース終盤に、アンドレ・ロッテラーが駆る1号車レベリオンを抑えることに成功し、表彰台フィニッシュを果たした。

「僕らは彼ら(1号車レベリオン)よりも、楽にタイヤを温めることができたと思う」

 雨が強くなった状態での速さについて尋ねられたバトンは、そう語った。

「でもその一方で、僕らの方が彼らよりも、タイヤがオーバーヒートしてしまう」

「長いスティントでは、最終的には彼らの方が速いだろう。でも、スティントの最初は僕らの方が速い。楽しいレースだった。僕ら全員が、素晴らしい仕事をしたんだ」

「僕らは給油のスピードも早くすることができるようになった。ピットストップでは、僕らの方がレベリオンよりも2秒遅れていた。でも富士では5秒だったんだ」

「僕らが遅すぎただけだと思う。でも富士では、ピットストップの度に5秒余りのタイムを失った。ここでは少し近づいたのだから、それは良かった」

 WECのスーパーシーズンは残り3戦。バトンはこれらのレースに向けて、自信を見せる。

「サスペンションとダンパー(の作業)に取り組むべきだ。その部分を改善できれば、クルマは強い。空力面ではとても強いんだ」

 そうバトンは語る。

「コーナーに入るとすぐ、ダウンフォースが抜けるのを感じる。そして、すべてのグリップを失ってしまうんだ。改善すべき部分は確かにある。しかし、我々にはそれができると思う」

「最大の目標は来年のル・マンだ。そういう領域について仕事をしっかりとこなし、そして信頼性を確保できれば、僕らは戦えると思う」

Jamie Klein

最終更新:11/20(火) 17:27
motorsport.com 日本版

あなたにおすすめの記事