ここから本文です

シャンシャン、独り立ちに向けステップ2へ移行 屋外放飼別居で応援と心配の声も…

2018/11/20(火) 12:04配信

デイリースポーツ

 上野動物園は20日、ジャイアントパンダ・シャンシャンが独り立ちするため、母のシンシンとの「午前別居」から、次のステップとして午前も午後も別居する「屋外放飼中別居」に移行したと発表した。これにより、シャンシャンは夜と、室内収容時以外は、単独で行動することになる。期間は「20日からしばらくの間」としている。

 シャンシャンの独り立ちが順調に進んでいる。「東京ズーネット」公式HPによると、午前別居に関しては「シャンシャンの様子が安定し、ひとりだちが順調に進んでいると判断できる」と記されており、20日から「屋外放飼別居」に移行すると説明。シャンシャン、シンシン、リーリーの午前、午後、夜間に滞在する場所の配置表も記され、「屋外放飼別居」期間中は、午前中はシンシンが観られなくなることが告知されている。

 このシャンシャンの順調な独り立ちに、ネットも反応。「頑張れシャンシャン」「おぉーやっぱりステップアップ。大丈夫、シャンシャンならできるよ」と応援する声や「シャンシャンの心に寄り添って、慎重にお願いしたい」と心配する声もあがっていた。

 シャンシャンは13日から単独で暮らす準備として、午前中だけ別居を行っていた。今後はステップ3の夜間別居、ステップ4の終日別居へと進めて行く予定。

最終更新:2018/11/20(火) 12:27
デイリースポーツ

あなたにおすすめの記事