ここから本文です

「うどん」だけじゃない香川の魅力 元巨人投手も太鼓判の「オリーブ牛」

11/20(火) 13:00配信

デイリースポーツ

 香川県の特産品をPRする「さぬきうまいもん祭りin大阪」がこのほど大阪市内のホテルで開催された。香川・小豆島でオリーブ植栽が始まって110周年を記念したもの。「うどん県。それだけじゃない香川県」として、生産者PR隊「香川オリーブ5(ファイブ)」が結成され、その魅力を伝えた。

  ◇  ◇

 香川の県花・県木のオリーブ。その魅力を伝えるため、結成されたのが「香川オリーブ5」だ。どんなご当地アイドルが登場するのだろう。そんな期待は、ものの見事に裏切られた…メンバーは県内でオリーブオイルやオリーブ飼料を使って飼育した牛、豚、地鶏などの生産者5人。認知度向上と販路拡大を目的に、それぞれが登壇して魅力をアピールした。

 トップバッターは「オリーブオイル」担当の黒島慶子さん。小豆島がオリーブ栽培にうってつけだったのは日照時間が長く、降水量が少ない上に水はけがいい土壌という気候風土のおかげだという。香川県は現在もオリーブ生産量日本一を誇っており、高品質を保っていることには「一粒ずつ手で収穫し、理想的なタイミングで加工できる小型採油機を個別導入していること」「生産者が切磋琢磨しているところ」などを挙げた。オリーブオイルソムリエ1期生の肩書を持つだけあって、その情熱が言葉の端々からも伝わってきた。

 続く「オリーブ牛」担当の石井正樹さんは欠席(等身大パネル)したが「オリーブ夢豚・オリーブ豚」の増田正樹さん、「オリーブ地鶏」の吉田幸市さん、「オリーブハマチ」の板坂章さんがそれぞれ「うまみと甘みが特徴」「アンチエイジング効果がある」「鮮度が続く」などの特徴を力説した。

 現役時代に投手として巨人などで活躍したソフトバンクの入来祐作3軍投手コーチが大阪・都島で手掛ける焼き肉店「とりあえず入来」は、実際に「オリーブ牛」を提供している。入来コーチは「探し求めて、やっとたどり着いたのがオリーブ牛。焼き肉で出しているのはうちだけでしょう。ステーキとして出しても恥ずかしくない」と太鼓判を押す。

 この日は、これらの食材を用いてウェスティンホテル大阪の弓木野賢二料理長が腕をふるい、コース料理として、招待者らに振る舞った。内容はこれでもかというほどのオリーブづくし。なかでも「讃岐コーチン玉子燻製 オリーブオイル」や「オリーブハマチ叩き」は絶品。締めの「オリーブ牛肉うどん」もさっぱりおいしくいただけた。

 なお、同ホテル内の日本料理「はなの」では11月30日まで「さぬき会席」(7500円)、「オリーブ会席」(1万8000円)の「香川県オリーブフェア」を開催中だ。オリーブ植栽から110年。この機会にうどんだけじゃない、香川の魅力を味わってみるのも悪くないかもしれない。(デイリースポーツ特約記者・山本智行)

最終更新:11/20(火) 13:08
デイリースポーツ

あなたにおすすめの記事