ここから本文です

奥州のアカマツ、名古屋城に

2018/11/20(火) 15:44配信

共同通信

 名古屋城天守閣の木造復元事業で、岩手県奥州市の樹齢300年を超えるアカマツが梁として使われることになり、20日、伐採作業が行われた。

 城の一部に生まれ変わるのは奥州市の月山神社近くに生える樹齢300~400年のアカマツで、高さ約30メートル、直径約90センチ。名古屋市の河村たかし市長が巨木におのを入れ、「地元の皆さんの苦労で育ったマツが、第二の人生を名古屋で過ごすこととなり大変ありがたい」と述べた。

 奥州市などによると、アカマツは城の3階の床を支える長さ約17メートルの梁に加工される。松くい虫の被害に遭わず、長く真っすぐに育ったものは珍しいという。

最終更新:2018/11/20(火) 18:30
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事