ここから本文です

【映像】米警察に引き取られたワンコ 村が正式にマスコットに任命

11/20(火) 11:40配信

AP通信

マーブルヘッド、オハイオ州、11月20日(AP)― 五大湖の一つエリー湖に面した米中西部オハイオ州の村で11月15日、チワワ犬が村のマスコットに任命された。
 このチワワは生後4カ月の雑種で、ハリケーン「フローレンス」が9月中旬に米東部を襲った際、飼い主からはぐれ、施設に保護されているのをテレビで見たオハイオ州マーブルヘッド村の警察署長に引き取られ、「ゾロ」と名付けられた。
 ゾロは村の住民が作ってくれた警察犬ベストを着て、ケーシー・ジョーイ署長のパトロールに同行するのが日課。同署長によれば「いまではすっかり村人の心をつかんだようだ」という。さらに、村人だけでなく、ゾロが署内にいることで署員も心が癒やされるという。
 ゾロはジョーイ署長の家で、署長の息子とてんかん予知犬と一緒に暮らしているが、今後は訓練を受けて、セラピー犬として老人ホームや病院、ホスピスなどの施設を巡回する役目を果たすことになるという。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:11/20(火) 11:40
AP通信

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ