ここから本文です

あの「ボトル投げ」を高専生がロボットで完全再現! 2018年の“高専ロボコン“は「ボトルフリップロボット」

11/20(火) 8:01配信

bouncy

全国の高専生たちがしのぎを削り合う“高専ロボコン“で、今年の競技テーマに使われるのは「ボトルフリップロボット」。思い思いのアイデアを持ち寄り作られる専用ロボットは、単なる「ボトル投げ」を青春へ変えてくれるだろう。

テクノロジーを使って本気で遊ぶ!

2018年の高専ロボコンの競技テーマである「ボトルフリップ・カフェ」の公式ルールを簡単に紹介する。競技参加者は3名で、その他指導教員やピットクルーなどを含めたチームで戦う。チームが使えるペットボトルは20個までで 500ml以上の大きさであれば種類は自由だ。さまざまな高さの机にペットボトルを立たせられればポイントが入るという、至ってシンプルなルールだ。

表彰は優勝と準優勝のほかに、アイデア賞、技術賞、デザイン賞が設けられている。単なる勝ち負けだけではない部分まで評価されるという点が、ロボコンの面白さをより深めてくれているのだろう。

今年のロボコンへの想い

「ボトルフリップ・カフェ」のコンセプトは「未来レストランで、客から注文されたペットボトルアイテムをロボットが遠くから投げて、テーブルに立てて配膳する」というユニークなもの。

高専ロボコンの目的の一つには、自由な発想にもとづいて色々考え、議論し答えを出す訓練をすることへも通じているようだ。何気なくするボトルを投げる動作が、彼らにとってはかけがえのない青春へと変わっていくのだろう。
・ ・ ・

高専生たちの青春が詰まったイベント“高専ロボコン“の2018年テーマ「ボトルフリップ・カフェ」。公式サイトに詳細が書かれているが、2018年11月25日には全国大会が行われる。一度技術者の卵たちの雄志を実際に観戦してみてはいかがだろうか。

一見ふざけたテーマだと思っていたものから、新しい未来が切り開かれるのかもしれない。彼らの将来がとても楽しみだ。

NHK ENTERPRISES

Viibar.Inc

最終更新:11/21(水) 18:08
bouncy

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ