ここから本文です

世界女王・芳田司 グランドスラム4連覇&最短ルートで東京五輪へ

11/20(火) 18:20配信

テレビ東京スポーツ

テレビ東京/柔道グランドスラム2018

今週23日(金)、東京五輪代表選考会・柔道グランドスラム2018(大阪・丸善インテックアリーナ大阪11月23日~25日)が開幕する。女子57kg級の世界女王・芳田司は大会4連覇に挑む。

今年9月アゼルバイジャンで行われた世界選手権。前回大会の決勝で13分近い激闘の末敗れた悔しさを見事に跳ねのけ、初優勝を遂げた。

「東京五輪に向けて自信がついたのが一番大きい。」

ロンドン五輪金メダリストの松本薫がけん引してきたこの階級で、名実ともに第一人者となった芳田。2020年東京五輪での金メダルにも大きな期待がかかるが、リオ五輪代表選考会である選抜体重別選手権では優勝するなど、2年前にも五輪への切符を掴みかけていた。

しかし「いざ五輪に出られるかもしれないとなった時、心配になったというか怖くなった。」

実績で上回る松本に代表の座を譲る形になったが、当時まだ20歳だった芳田にとってはあまりに大きすぎる舞台に臨むだけの覚悟が出来ていなかった。

あれから2年。

その間に世界ランキング1位、グランドスラム東京の3連覇、さらには世界女王に。こうした数々の実績は彼女に大きな自信と覚悟を与えた。

「(2年前の)考えはまだまだ浅かった。今は私しかいないんじゃないかと思える。」

全日本柔道連盟が導入した選考方法により世界女王の芳田が今大会で優勝すれば、来年の世界選手権(東京)の代表に内定。夢の東京五輪へ大きく近づく。

悲願の五輪金メダルへ。夢を叶えるためにもグランドスラムでの優勝が至上命題となる。

テレビ東京/柔道グランドスラム2018

あなたにおすすめの記事