ここから本文です

トロロッソ・ホンダのハートレー「ポジティブな気持ちで最終戦を迎えられる。ホンダ最新PUで良い予選を戦えるはず」|アブダビGPプレビュー

11/21(水) 12:39配信

motorsport.com 日本版

 今週末に開催される今季のF1アブダビGP。トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、ここ数戦の好パフォーマンスから自信を得て、この最終戦に挑むことになる。

【ドライバーズランキング】ハートレーは現在19位。最終戦でポイント獲得なるか?

「今シーズン最後のレースになる。そして僕は、ポジティブな気持ちでそれに臨もうとしている」

 そうハートレーはチームのプレスリリースにコメントを寄せた。

「シーズン終盤、僕は強さを見せてきた。ここ数戦のパフォーマンスは良かったんだ。たとえ大きなポイントを獲得できるほど、マシンが速くなかったとしてもね」

「僕は自分の相対的なパフォーマンス、そしてシーズンを通しての改善に満足している。だから良い週末を過ごし、良い形でシーズンを終えられることを楽しみにしている」

 アブダビGPの舞台となるヤス・マリーナ・サーキットについて、ハートレーは次のように印象を語った。曰く、タイヤのマネジメントが鍵になるという。

「アブダビは興味深いコースだ。特に最後のセクター、ホテルの下を通る所などは、ストリートサーキットのような雰囲気を感じる」

「ここはとても平坦で、キャンバーやアンジュレーションが少ない。さらにオーバーテイクはとても難しいことがある」

「タイヤのマネジメントも、ここではとても重要だ。予選でさえ、最終セクターまでリヤタイヤをもたせておくのはとても難しいんだ。僕らは、ブラジルでもタイヤマネジメントに苦労した。だからその理由を理解するために仕事をする必要がある」

 ハートレーは、ホンダの最新パワーユニットに期待を寄せる。

「でも、ホンダの最新スペックのパワーユニットを使うから、良い予選を戦うことができると確信している」

最終更新:11/21(水) 12:39
motorsport.com 日本版

あなたにおすすめの記事