ここから本文です

最長記録保持の片山晋呉、歴代覇者・石川遼も危うし 最終戦の出場資格まとめ

11/21(水) 16:53配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<カシオワールドオープン 事前情報◇20日◇Kochi黒潮カントリークラブ・高知県(7335ヤード・パー72)>

カシオワールドオープン開幕前日フォトギャラリー

男子ツアーもいよいよ残り2試合。賞金王が決まる可能性のある「カシオワールドオープン」は出場者が限られる最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」への出場権をかけた戦いでもある。

出場権は昨年覇者、今季の優勝者、賞金ランク20位、そして日本ツアーメンバーで米国、もしくは欧州ツアーの覇者、世界ランク100位以内のツアーメンバーの順番で選出。残りは出場人数の30人となるまで賞金ランク21位以下の選手の繰り上がりによって決定する。

現在出場が決まっているのは今季日本ツアー優勝者の18人(セルヒオ・ガルシアはツアーメンバーではない為出場権なし。P・ピーターソンはエントリーせず)に昨季優勝者の宮里優作、米ツアー優勝の小平智、世界ランキング100以内の資格のイム・ソンジェ(韓国)を加えた21人。そこに賞金ランク20位以内の選手が加えられた後、30名になるまで繰り上がっていくという順序で決まる(現在賞金ランク9位の川村昌弘はエントリーせず)。現時点では27位のマシュー・グリフィン(オーストラリア)まで降りてきている。

現在賞金ランク25位で、2015年大会の覇者・石川遼は現在出場順位が28番手。今大会は賞金が高いだけに、ここでしっかり稼がないと厳しい状況だ。「正直、ここまで来たので今週はなるようにしかならないと思っています。シーズン終わりまで全力で突っ走るしかない」と全てを受け入れる構えで挑む。

大会最多となる20年連続出場を果たしている片山晋呉は、賞金ランク44位と最低でも1000万円以上稼がなければ記録が途切れる。「そこは考えていません。(記録は)いつかは終わるもの。必死になって上手くいくなら、もう上手くいっていますけどね(笑)。みんな“カシオで一発”と思ってる。僕もその中の一人です」と話した。


■「ゴルフ日本シリーズJTカップ」出場優先順位(以下の順番で30名まで決める)
1、前年度ゴルフ日本シリーズJTカップ優勝者
2、本年度ジャパンゴルフツアートーナメント優勝者(アマチュア含む)
3、本年度ジャパンゴルフツアー賞金ランキング上位20位(カシオワールドオープン終了時)までの者
4、ツアーメンバーで、本年度USツアーまたは欧州ツアーの優勝者
5、オフィシャルワールドゴルフランキング100位(ダンロップフェニックストーナメント終了時)までで、上記1から4までの該当者を除くツアーメンバー上位3名
6、上記1から5までで30名に満たない場合、本年度ジャパンゴルフツアー賞金ランキング(カシオワールドオープン終了時)21位以下より繰り上げる
※上記3と6は、海外メジャー獲得賞金を含むランキングを適用。ただし、本大会を含め出場義務試合数に達している選手に限る。

(撮影:佐々木啓)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:11/21(水) 16:53
ゴルフ情報ALBA.Net

あなたにおすすめの記事