ここから本文です

【WWE】アスカがタッグ戦でマンディ&ソーニャ撃破 実力見せつける

11/21(水) 17:01配信

東スポWeb

【カリフォルニア州ロサンゼルス20日(日本時間21日)発】WWEの“未来の女帝”アスカ(37)が好調だ。

 この日のスマックダウン大会でナオミと組み、マンディ・ローズ&ソーニャ・デビルとタッグ戦で激突。アスカはナオミとの合体技ダブルヒップアタックを決めて先制。ナオミが捕まり一時劣勢となったが、アスカがモンゴリアンチョップ、ドロップキックでマンディを蹴散らした。

 最後はナオミのアシストを得て、ソーニャにハイキックからアスカロックを決めてタップさせた。一枚上手のアスカ&ナオミが実力差を見せつけて快勝。アスカはこの好調ぶりでタイトル戦線にカムバックできるか。

 またこの日は、18日のPPV「サバイバー・シリーズ」でロウ女子王者ロンダ・ラウジー(31)に狂気の暴行を加えた“女王様”シャーロット・フレアー(32)が「サバイバー・シリーズでは“地球上で最も危険な女”に最大の暴行を加えて誇りに思っている。謝罪するつもりはないわ」と自画自賛。さらにアイコニックス(ビリー・ケイ&ペイトン・ロイス)の2人とそれぞれシングル戦を行い2連勝し、父リック・フレアーばりの圧倒的な存在感を見せた。

最終更新:11/21(水) 17:09
東スポWeb

あなたにおすすめの記事