ここから本文です

【ジャパンC】ウインテンダネス 最高のデキ&パートナー・内田博でなるか「反撃の逃走劇」

11/21(水) 21:33配信

東スポWeb

【ジャパンカップ(日曜=25日、東京芝2400メートル)栗東トレセン発秘話】JRA初の同日GI(JpnI)3連発で盛り上がった4日のJBC競走。そのトリを飾ったJBCレディスクラシックを制したアンジュデジールの昆調教師は、ゴール前で興奮し「久々に声が出てしまった」という。

「社台グループと外国人騎手が席巻しているこの時代に、それ以外の牧場の生産馬と日本人騎手でビッグレースを勝つことがどれだけ難しいか…。わずかな隙間を縫っていかないと、とてもじゃないけど勝てない。アンジュデジールが直線で(ラビットランを)差し返せたのは、俺と(横山)ノリちゃんの執念が乗り移ったこともあったのかなって…。とにかく久々にシビれたね」

 11日の京都競馬では1Rから11Rまで外国人騎手が勝ち続けたことが大きなトピックになったばかり。社台グループ&外国人騎手が勝ちまくる流れは、まだまだ加速度を増していくことは容易に想像がつく。もちろん、印をつけて馬券を買う側からすれば、「ノーザンファーム&外国人騎手」のコンビは心強いし、ジャパンCも素直にアーモンドアイに◎をつけるつもりだが…。

「そればっかりだと競馬が面白くないでしょ」と公言する昆調教師のような気概を見せる、非ノーザンの“チーム・ジャパン”の反撃を期待している自分もいたりする。

 登録馬16頭中、社台グループの生産馬が実に10頭(マカヒキ、ミッキーロケットは出走回避)を数える今年のジャパンCで、ひそかに期待しているのはアサヒ牧場生産で、内田博騎乗のウインテンダネスだ。

「体が太い分には競馬を使っての良化が期待できるけど、体が戻っていないところからレースを使いだすと戻りが遅い。この秋は3走目の今回でようやく、良くなってきた感じ。ここ2走(京都大賞典=6着→アルゼンチン共和国杯=4着)と比べれば、はるかにいい状態だよ」と小川助手。

 その近2走はノンコノユメと同日、別場所で出走がバッティングしたため、主戦の内田博が乗れなかったが、秋最高のデキで迎える、このジャパンCにベストパートナーが戻ってきたのは購買意欲がそそられる。

 ペースを落とし過ぎて、苦手な切れ味勝負を自ら招いてしまった前走(アルゼンチン共和国杯=4着)の轍を踏まないよう、今度はおそらく積極果敢に行って、後続に脚をなし崩しに使わせる戦法に出るはず。あとは府中の直線でどこまで粘れるのか…。ウインテンダネスの逃走劇には大いに注目している。

最終更新:11/21(水) 21:33
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事