ここから本文です

トップリーグ12月決戦を前にマフィが戦線復帰!

11/22(木) 18:28配信

チケットぴあ

あの男がグラウンドに帰って来る。アマナキ・レレイ・マフィ。本来ならば桜のジャージの8番を背負う男。エディー・ジョーンズ前日本代表ヘッドコーチをして、「ラグビーの神様からの贈り物」と称された才能の塊が今季初のスタメンに名を連ねたのだ。相手はトップリーグV2王者・サントリー。『ジャパンラグビー トップリーグカップ 2018-2019』第3節でのプールA全勝対決である。1月にスタートする1~4位決定トーナメントに出場できるのは各組1位のみ。『トップリーグカップ』第3節はたった1枚のキップを手に入れるため、そして12月の『ジャパンラグビー トップリーグ 2018-2019』順位決定戦を見据えた上で重要な戦いになる。

【そのほかの画像はこちら】

試合登録メンバーは以下の通り。
【サントリーサンゴリアス】
1金井健雄、2中村駿太、3セミセ・タラカイ、4加藤広人、5飯野晃司、6小澤直輝、7クリス・アルコック、8桶谷宗汰、9芦田一顕、10田村煕、11長友泰憲、12竹本竜太郎、13竹下祥平、14中鶴隆彰、15尾崎晟也、16北出卓也、17森川由起乙、18畠山健介、19小林航、20大島佐利、21仲宗根健太、22大越元気、23塚本健太
【NTTコミュニケーションズシャイニングアークス】
1上田竜太郎、2三浦嶺、3三宮累、4中島進護、5ロス アイザック、6ラーボニ・ウォーレンボスアヤコ、7金正奎、8アマナキ・レレイ・マフィ、9鶴田諒、10ガース・エイプリル、11石井勇輝、12石橋拓也、13シェーン・ゲイツ、14石井魁、15小倉順平、16白隆尚、17庵奥翔太、18レイルア マーフィー、19ロバート・クルーガー、20ハパクキ・モアラリアヴァ、21湯本睦、22ブラッキン・カラウリアヘンリー、23池田悠希

NTTコムが順位決定トーナメント1回戦・ヤマハ発動機ジュビロも睨み、ほぼベストメンバーを組んできたのに対し、サントリーは日本代表勢を除いた現状でき得る布陣とは言い難い。前節の試合後に『トップリーグカップ』を「12月の順位決定戦へのプランニングと準備がメイン」ととらえていたサントリーの沢木敬介監督、「勝つこと、若手のスコットが出場すること、ケガなく試合を終えることが目的」と語っていたNTTコムのロブ・ペニーHC。両指揮官の言葉とは真逆な試合登録メンバーとなったのが興味深い。常に先を読む沢木監督のこと。強力な助っ人陣からふたりのみを選んだ理由も、12月の頂上決戦でわかるだろう。

『ジャパンラグビー トップリーグカップ 2018-2019』プールA第3節・サントリー×NTTコムは11月24日(土)・キンチョウスタジアムにてキックオフ。チケット発売中。

最終更新:11/22(木) 18:28
チケットぴあ

あなたにおすすめの記事