ここから本文です

【映像】ゴーン容疑者はCEOに留任 ルノーが緊急取締役会で発表

11/22(木) 11:49配信

AP通信

ブローニュ・ビヤンクール、フランス、11月22日(AP)― 日産自動車と三菱自動車の会長で、仏ルノーの最高経営責任者(CEO)を兼務するカルロス・ゴーン容疑者が、金融商品取引法違反容疑で逮捕拘留されたことを受けて、ルノーは11月20日、緊急取締役会で同容疑者のCEO留任を発表した。
 フランス中北部のブローニュ・ビヤンクールで開かれた緊急取締役会では、日本で逮捕拘留されたゴーン容疑者に代わり、ティエリー・ボロレ最高執行責任者(COO)がCEO代行に就任することが明らかにされた。
 ボロレ氏のCEO代行就任は、同社株の15%を保有するフランス政府の意向に沿ったもので、ゴーン容疑者の留任は、エマニュエル・マクロン仏大統領や4人の歴代大統領との最近の会談結果を反映しているのではないか。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:11/22(木) 11:49
AP通信

あなたにおすすめの記事