ここから本文です

大リーグ新人王の大谷翔平選手が会見(全文2完)満足はもちろんしていない

11/22(木) 15:52配信 有料

THE PAGE

 米大リーグのア・リーグ新人王を獲得した大谷翔平選手(ロサンゼルス・エンゼルス)は22日、東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見を行った。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードはYouTubeのTHE PAGEチャンネル上の「大リーグ新人王 大谷翔平選手が日本記者クラブで会見(2018年11月22日)」に対応しております。

     ◇     ◇

スポーツニッポン:じゃあ、次の方。じゃあ、その前の方。

朝日新聞:朝日新聞の【ヤマシタ 00:20:06】です。先ほど、新人王の話もでましたが、その新人王という賞は、大谷選手の中でどんな位置付けだったんでしょうか。日本で実績があって、メジャーに行って、当然自分が取らなければいけないものだと思っていたのか、それともそのことを予想だにせず、取れたらいいなと思ってもなかったのか、教えてください。

大谷:個人的に取れる技量があるかどうかっていうのは、もう本当に行ってみないと分からなかったので、そこは分からないということだったんですけど、もちろん日本で5年間やってきたという自信もありましたし、日本のプロ野球のレベルに対してのものでやっぱり取りたいなっていう気持ちもあったんですけど、実際に行ってみると、やっぱりレベルもすごい高かったですし、どこで何をやってきたかったっていうのは本当に関係なく、勝負するところなのかなっていうのを感じたので、最終的に取れて、いろんな方に喜んでもらって、そこはすごい良かったんじゃないかなと思っています。 本文:14,210文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
    会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

THE PAGE プラスの記事一覧へ戻る

最終更新:11/22(木) 21:22
THE PAGE

あなたにおすすめの記事