ここから本文です

月1千万ビューのまとめサイト管理者が語る実態「運営指南する企業がある」

11/22(木) 18:09配信

BuzzFeed Japan

インターネット上の情報をつなぎあわせて伝える「まとめサイト」は、訴えられた保守速報など大量にある。デマや無断転載などが問題視されるが運営元が不明で実態がわからないサイトがほとんどだ。月1000万ビューある中堅まとめサイトの管理者がBuzzFeed Newsにその実態を語った。まとめサイトが広がる背景には、ネットの特性をついた編集方針や、運営指南する企業の存在がある。【BuzzFeed Japan / 籏智広太、古田大輔】

まとめサイトの記事が拡散する2つの理由

まとめサイトに明確な定義はない。ネット掲示板の書き込みやTwitterなどの情報を集めて、見出しをつけただけのものもあれば、そこに独自の文章を加えてよりニュース的な発信をするサイトもある。

多くのまとめサイトに共通するのは、新聞やテレビや一部のネットメディアなどとは違い、取材をせずに記事を書くことだ。

個人や少人数で運営しているまとめサイトが、大手メディアにも匹敵するようなビューを獲得できるのは、2つの理由がある。

1つ目は、事件事故や大きなニュースが起きたときに、断片情報を素早く集めて提示することで、その話題について知りたいネットユーザーのニーズに答えていること。

2つ目に、大げさな見出しの過激な内容にまとめることで読者の感情を刺激し、その力でSNSを通じて拡散させていること。

その具体的な手法や指南企業の存在について、ある管理者がBuzzFeed Newsの取材に答えた。

「月1000万PV」を超えることも

名古屋市内で取材に応じたのは、20代の男性。運営しているサイトの記事に関して、BuzzFeed Newsが以前、誤りを指摘したことがあり、今回の取材に至った。

待ち合わせ先の喫茶店に現れた男性の物腰は柔らかく丁寧で、自らの名刺を差し出し、話を始めた。

「情報をわかりやすくして伝えるのが一番大切だと思う。埋もれている話題を掘り起こす。今の話題をわかりやすくピックアップすることを、目指しています」

自らの運営方針についてこう語る男性のサイトは、主に政治や経済、さらには災害情報などの速報系に特化しているニュースサイトだ。一人で運営している。

1ヶ月のページビュー数(PV)は毎月500~600万。ユニークユーザー数(UU、アクセスした人数)は200万が平均だ。1000万PVを超えることもあるという。

「収入は10アクセスで1円。月100万くらいの収入ですね。ゲーム実況や時事ネタのYouTubeなども軌道に乗り始めていますが、収入の柱はこのサイトです」

男性はメディア関係の企業に務めた経験はない。こうしたサイトをつくり始めたのは、大学に入ってからだった。

栄養学を学んでいた延長で、料理系のまとめブログを始めたことがきっかけだった。SEOなどを勉強しながら、徐々にアクセスを拡大させていったという。

「東日本大震災をきっかけに、福島原発や放射能に関して調べて書き始めて、政治ネタが増えてきたんです。自分も書きながら興味を持つようになり、勉強を始めました」

サイトが軌道に乗ってきた2年後から、専業にすると決めた。

1/3ページ

最終更新:11/23(金) 12:06
BuzzFeed Japan

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ