ここから本文です

体重は増やさない。こんな人とは付き合わない。西野亮廣の“多動力”を支えるマイルール

11/23(金) 12:01配信

新R25

芸人として日々ステージやテレビ出演をこなしつつ、日本最大のオンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』や『しるし書店』などのWebサービスを運営。ブログは毎日更新し、新しい絵本やビジネス書を次々と世に送り出す(そして夜は飲み歩く)。

堀江(貴文)さんに負けず劣らず、おそろしいほどの“多動力”を発揮して活躍している西野亮廣さん。そんな西野さんが日々どんな時間の使い方をしているのか、気になりませんか?

本人にその疑問をぶつけてみると、“多動”を支える習慣が見えてきました。

〈聞き手=渡辺将基(新R25編集長)/文=宅美浩太郎〉

一番ダメなのは惰性で続けること。違うと感じたら即辞める

渡辺:
西野さんは普段、本当にたくさんの仕事を同時並行で進めている印象がありますが、仕事のメリハリはどう意識してるんですか?

西野さん:
僕の場合、強弱をつけるとかではなく全部に全力投球ですね。

ありがたいことに、今はホントに好きなことだけしかやってないんですよ。

渡辺:
なるほど。

西野さん:
ちょっと自分のなかで冷めてきたなと思ったことは、スタッフさんに相談してなるべくやめさせてもらうことにしてます。

たとえば、少し前までAbemaTVの『エゴサーチTV』っていう、毎回1人のゲストに対して僕が1時間半くらい質問する番組をやってたんですけど、そんなに他のタレントさんに聞きたいことがないということに気づいてしまって(笑)。

渡辺:
え、でも話を引き出すのすごい上手じゃないですか(笑)。

西野さん:
基本的には楽しかったんですよ。でも僕がやるべき仕事ではないなって思ったので、スタッフさんに相談させてもらいました。

今やってる『株式会社ニシノコンサル』はめっちゃしっくり来てますね。

渡辺:
いいですね。何が違うんですか?

西野さん:
ニシノコンサルは、いろんな人のビジネス相談に僕が答えていればいいので。

僕がイチから相手のことを掘り下げなくても済みますし、話してるうちに新しいアイディアが生まれたりするのがおもしろいですね。

渡辺:
その方が西野さんに合ってそうですね。

西野さん:
そうですね。

とにかく、僕はこんな感じでテレビ番組だろうが何だろうが、違うなと思ったらすぐ辞めますね。

一番ダメなのは、惰性で続けること。それだけは絶対しないように気をつけてます。

1/4ページ

最終更新:11/23(金) 12:01
新R25

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ