ここから本文です

SABU監督最新作、劇団EXILE総出演『jam』新場面カット

2018/11/23(金) 21:03配信

dmenu映画

青柳翔&町田啓太&鈴木伸之主演、劇団EXILEの全メンバーが総出演するSABU監督の最新作『jam』より、新たな場面写真15点がdmenu映画に到着した。

劇団EXILEメンバー写真を含む、新場面写真を一挙解禁

主人公は3人。場末のアイドル演歌歌手・ヒロシ(青柳翔)は、熱烈なファンに支えられ舞台では華やかに輝きながらも、いつも心に空虚感を抱えている。ある日のコンサート終わり、ファンの一人・昌子(筒井真理子)に付きまとわれ、そのまま彼女の暴挙に巻き込まれ、彼女の自宅に監禁されてしまう。一方、大切な彼女が瀕死の重傷を負ってしまい、毎日彼女の意識回復だけを望むタケル(町田啓太)。彼は、“善いこと”貯金をすれば、彼女の意識が戻るのではないかと信じ、毎日必死に生きる。そして、刑期を終え、刑務所からシャバに戻ったテツオ(鈴木伸之)。自分を刑務所送りにしたやくざに復讐を仕掛けるために、やくざ事務所に単身殴り込みをかける。彼らのストーリーが同時間&同じ街で交差し絡み合いながら、それぞれの人生の”因果応報”が巡り巡って行くのだった――

本作は、EXILE HIROプロデュースによる完全オリジナル新作映画プロジェクトで、劇団EXILEのメンバーが総出演するSABU監督の最新作。熟女ファンを食い物にする場末の演歌歌手・ヒロシを青柳翔、意識の戻らない恋人の為に善行を積む男・タケルを町田啓太、カナヅチ一つでヤクザに復讐を誓うテツオを鈴木伸之が演じる。

このたび公開となった場面写真は全15カット。逃げるヒロシ、親切心ゆえにやっかいごとに巻き込まれていくタケル、テツオの大乱闘シーンほか、劇団EXILEメンバーも総出演シーンも確認することができる。映画は12月1日(土)より新宿バルト9ほかにて全国公開。

dmenu映画

最終更新:2018/11/23(金) 21:03
dmenu映画

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事