ここから本文です

大迫傑がマラソン日本記録後初レース「いい練習ができた」1万m1本 5千m1本

11/24(土) 19:43配信

デイリースポーツ

 男子マラソン日本記録保持者の大迫傑(27)=ナイキ=が24日、八王子市ロングディスタンスで、同記録を樹立した10月のシカゴマラソン以来となるレースに臨んだ。

【写真】1億円の目録を受け取る大迫

 練習の一環として出場。1万メートルの4組目に登場し、28分33秒92で4位となると、最終の7組にも出場。5000メートルを走りきった時点で切り上げた。来年3月の東京マラソン出場も視野に入れる中での再始動。「2本走って、いい練習ができました。この後、米国に戻って次のレースに向けてトレーニングを積んでいこうと思います」と、今後を見据えた。

 別の組では、アジア大会金メダリストの井上大仁(25)=MHPS=も出場。自己ベストの27分56秒27をマークし「ベストが出るとは思ってなかった。1つのステップになった」と、手応えを口にした。次のマラソンは未定。

最終更新:11/24(土) 19:53
デイリースポーツ

あなたにおすすめの記事