ここから本文です

思わず唸る『絶品うどん』!東京ベスト10[前編4店]

11/24(土) 12:00配信

まとメシ

唸るうどん前編!白く透き通るようなうどんのコシやモッチリした食感にオッと唸り、黄金色に輝く風味豊かなダシにホッとする。そんな極上の一杯を求め、都内を駆け巡りました。エリア:上石神井/新宿/水天宮前/中野 ※ランチタイム有

本場讃岐うどん 麺の里の「大海老野菜天ぶっかけ」【上石神井】

エビ、ナス、カボチャ、サツマイモ、ニンジン、シソの天ぷらがのったぶっかけうどん。つやつやの麺の上には、鰹節やネギなどの薬味もたっぷりのる。米油でカラリと揚げられた天ぷらは、火の通り加減が抜群。エビのプリプリした食感、ホクホクのカボチャなど、しっかりと味わいたい。

北海道産の真昆布や瀬戸内産のイリコ、鰹節を筆頭に4種の節類を使う。澄んだ味に仕上がるように、水出しにするなど丁寧にダシが取られており、これで化学調味料不使用とは恐れ入る。
麺は、北海道産と九州産の小麦粉を使い、配合を時季によって調整。コシと粘り気があり、歯を押し返してくるようなもっちりとした歯応えに仕上げている。麺の量は約300g。どのメニューも麺の増減に対応してくれるが、常連客はほとんど大盛りをたいらげていくという。

『本場讃岐うどん 麺の里』
東京都練馬区上石神井1-11-8 TEL03-5903-8703 [営]11時半~14時、18時~21時(20時45分LO)、火・金11時半~14時 [休]水 [席]カウンター6席、テーブル2席×3卓、4席×2卓 計20席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交]西武新宿線上石神井駅南口から徒歩5分 ※ランチタイム有

切麦や甚六の「親子天ぶっかけうどん」【新宿】

すすると口の中に飛び込んでくるように感じられる、細めでなめらかなうどん。麺の上には鰯節と九条ねぎ、貝のエキスとダシを合わせたジュレをのせている。店自慢のかしわ天は大山どり。麹に漬けこんでいるため、ムネ肉にも関わらずジューシーで柔らかい。

店主の坂本さんの追求するうどんは、コシがあって喉越しのよいもの。そのために、うどんを打つ前の小麦粉、塩水から温度を徹底的に管理。いつでも安定して、のびがあってなめらかな上質な麺を提供してくれる。それを受け止めるダシには、北海道産の昆布や瀬戸内海のイリコ、数種類の魚の節などを使用。昔ながらの製法にこだわった無添加醤油と愛知県産のみりん、東京都で採取されたハチミツなどで旨みを深めている。
夜は全国の銘酒と共にうどんを提供。注文を受けてからうどんを打ち始めるため時間がかかるが、打ちたて、切りたて、茹でたての“三たて”をじっくり楽しめる。

『切麦や甚六』
東京都新宿区新宿1-17-1 LAND・DENビル1階 TEL03-6273-2646 [営]月~木、日・祝11時半~16時、17時半~23時半(22時半LO)、金、土11時半~16時、17時半~24時(23時LO) [休]無休 [席]カウンター10席、テーブル2席×3卓、4席×1卓 計20席/全席禁煙(外に喫煙スペースあり)/カード不可/平日は夜のみ予約可、土・日は昼が4名から予約可、夜は1名から予約可/サなし [交]地下鉄丸ノ内線新宿御苑前駅2番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

1/2ページ

最終更新:11/24(土) 12:00
まとメシ

あなたにおすすめの記事