ここから本文です

変則スイングの崔虎星 カシオゴルフで優勝=通算2勝目

11/25(日) 15:46配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】男子ゴルフの日本ツアー、カシオワールドオープンは25日、高知県Kochi黒潮CC(7335ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、変則スイングが話題の崔虎星(チェ・ホソン、45)が5バーディーの67で回り、通算15アンダー、273とし、大会初優勝を飾った。優勝賞金は4000万円。

 2013年インドネシアPGAチャンピオンシップ以来のツアー通算2勝目となる。

 インパクトの後に足を跳ね上げながら体を回転させる変則スイングは「魚を釣りあげる」姿に似ていることから「釣り人打法」と呼ばれ、韓国だけではなく、米国など世界で人気を得ている。

最終更新:11/25(日) 15:46
聯合ニュース

あなたにおすすめの記事