ここから本文です

ストーカーの1割が60歳以上!? 中瀬ゆかりが語る「シニア恋愛」の注意点

2018/11/25(日) 7:01配信

ニッポン放送

新潮社・出版部部長の中瀬ゆかりが、ラジオ番組に出演し、シニア世代の恋愛について語った。

日本の総人口は前年よりも27万人減少しているが、高齢者は、44万人も増加している。そんな中、心も体も元気な今のシニア世代は、恋愛を楽しむ人も多いのだという。しかし、財産や家族などを持つシニア世代だからこそ、恋愛に失敗すれば、痛い目に遭うリスクも高くなる。

中瀬は、「わたしのようなパートナーに先立たれたボツ1の方が恋愛を楽しむのは自然なことです。高齢化社会が進む昨今、シニア恋愛は花盛りになっていくと思います。ですが、シニア恋愛には後妻業とか、家族関係とか、遺産とか、いろいろなリスクやトラブルがありますからね。」と語り、シニアの恋愛におけるポイントを3つ挙げた。

シニア恋愛のポイント(1)「いつの間にか再婚はもってのほか!」
配偶者と死別後、新しいパートナーと出会っても、なかなか恥ずかしくて、子供や親戚に言い出せず、再婚するギリギリまで隠しておくのは一番マズイという。

シニア恋愛のポイント(2)「相手に不信感を抱いたらすぐに調査を!」
恋が盛り上がっているとき、相手がウソを言っているなんて、なかなか考えられないもの。しかし、新しいパートナーに一点でも不信感があるなら、興信所などで調べてみるのも手。「興信所はちょっと。」という方は、相手の友人などに話を聞いてみるのも有効。逆に、パートナーが友達を紹介すらしてくれないようなら、信用してはいけない。

シニア恋愛のポイント(3)「お互いの価値観を確認すべし!」
シニア同士で恋愛するといっても、女性は「今後、一緒に楽しく過ごせる相手が欲しい」という考えでも、男性は「毎日メシを作ってくれる、万が一、倒れたらヘルパーもしてくれる」と思っている場合もある。互いの恋愛の価値観がズレている可能性があるので、要注意。

最後に中瀬は、「お互いの価値観がズレていて、別れようと思っても、注意が必要。シニア世代は、時間に余裕があるので、ストーカー行為などにも発展しやすいんです。ストーカー加害者の約1割が60歳以上というデータもあります。」と語り、この話題を締めくくった。

(11月15日放送 ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」より)

ニッポン放送

最終更新:2018/11/25(日) 7:01
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事