ここから本文です

Koki,がELLE映画賞受賞 映画未出演者で初「ライジングスター賞」

11/26(月) 17:44配信

デイリースポーツ

 木村拓哉(46)と工藤静香(48)の次女で、今年5月にモデルデビューしたKoki,(15)が26日、都内で行われた、「ELLE CINEMA AWARDS 2018」の授賞式に出席した。エンタメ界において今年最も輝いており、これからの活躍を応援したい女性に贈られる「エル・ガール ライジングスター賞」を獲得。15年に創設され、翌16年から個人表彰が始まった同映画賞で、映画出演の経験がない受賞者は初めて。

【写真】CMデビュー会見で初々しい笑顔のKoki, ママの面影もチラリ?

 シャネル製の黒の透け感のあるノースリーブドレスに、ピンクのロンググローブをまとい、ブルガリのジュエリーを身に着けて登場したKoki,は、トロフィーを受け取ってニッコリ。写真撮影では、カメラマンから多くのフラッシュと注文を受け、笑顔で応じていた。

 受賞の感想を問われると「とても光栄に思います。5月のELLEからスタートさせていただいて、いろんな経験をさせていただきました」と回答。「素敵なクリエイターさんやスタッフさんと撮影させていただいてうれしかったです」とこの1年を振り返り、「もっともっと経験を重ねて、いろいろなキャラクターを演じられるモデルになりたいと思います」と宣言した。

 Koki,は5月にファッション誌「ELLE japon」でモデルデビュー。8月に「ブルガリ」、9月には「シャネル」といった世界的ブランドのアンバサダーに就任した。

最終更新:11/26(月) 22:29
デイリースポーツ

あなたにおすすめの記事